Sponsored Link

宮市亮、今季初ベンチスタートも全試合出場継続…ザンクト・パウリは1点差に泣き連敗

1
ブンデスリーガ2部は27日に第11節が行われ、ザンクト・パウリはハイデンハイムに0-1と敗れた。

今季公式戦11試合すべてにフル出場していた宮市。しかし19日に行われたダルムシュタット戦でひざに打撲を負い、欠場の可能性も伝えられていた。それでも、ルフカイ監督は「ポジティブに見える」と話しており、迎えたハイデンハイム戦ではベンチからのスタートとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00010030-goal-socc

ケガの影響で今季初ベンチスタート


2
試合は前半をスコアレスで折り返したが、59分にホームのハイデンハイムが先制に成功する。ルフカイ監督はその6分後、宮市をピッチに送り込んだ。これで26歳FWは、今季公式戦全試合出場を継続することとなった。

シュート数、枠内シュート数では上回るザンクト・パウリだが、なかなかネットを揺らすことができない。結局試合は0-1で終了し、ザンクト・パウリは2連敗。リーグ戦は3試合勝利なしとなり、暫定ながら降格圏と4ポイント差の12位に転落した。

上手くいかない状況が続くザンクト・パウリだが、次戦はDFBポカールで、長谷部誠や鎌田大地が所属するフランクフルトと激突する。

ザンクト・パウリ対フランクフルトは31日早朝4:45より試合開始予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月28日 03:10
    • ID:Y9cJalmA0
    • ドキドキするわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年10月28日 05:32
    • ID:FPHhBQ.i0
    • 残念だったが、負傷は仕方ない。次のポカール戦は楽しみだな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ