Sponsored Link

D・オリヴェイラ6戦ぶり得点のFC東京が3連勝で首位浮上!…崖っぷち磐田は3戦ぶり敗北

1
明治安田生命J1リーグは9日に第31節が行われ、ヤマハスタジアム(磐田)ではジュビロ磐田とFC東京が対戦した。

2試合負けのない最下位・磐田が、連勝中の2位・FC東京をホームに迎えた一戦。磐田はJ1参入プレーオフ圏の16位・湘南ベルマーレと勝ち点差6、FC東京は首位の鹿島アントラーズと勝ち点で並んでいるものの得失点差で8点上回られている状況で今節を迎えている。

■試合結果
ジュビロ磐田 0-1 FC東京
■得点者
磐田:なし
FC東京:ディエゴ・オリヴェイラ(53分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00010019-goal-socc

FC東京が敵地で勝利


2
この試合に向けては、互いに前節と同じスタメンを採用。磐田はJ1通算100試合目の出場となるMFアダイウトンやFWルキアンら、FC東京はFW永井謙佑やMF橋本拳人らを送り出している。

試合は後のない磐田が序盤から攻勢に出る。7分にボックス手前でボールを持った上原力也が放ったミドルシュートはブロックされたものの、人数をかけた攻撃で圧力をかけていく。

対するFC東京も15分にカウンターから左サイドの東慶悟がクロスを供給。ボックス中央の永井が右足で放ったシュートは磐田DFに当たり枠を捉えなかったが、ここからFC東京がゴールに迫る回数を増加させ始める。

しかし29分、FC東京にアクシデントが発生。ルキアンと交錯した渡辺剛が左足首付近を痛めた様子で倒れ込んでしまい、起き上がれない。ピッチ外で状態を確認した後に一度はプレーを再開させたものの、やはり続行不可能とのことで岡崎慎との交代を強いられた。それでも直後の30分にはディエゴ・オリヴェイラがボックス内でボールを収めて右足を振り抜いたが、GK八田直樹のファインセーブに阻まれる。

前半終了間際、磐田に大きなチャンス。左サイドのアダイウトンがクロスを上げると中央でルキアンが競り合い、ボールがボックス内にこぼれる。反応した松本昌也が右足でシュートを放ったが、好反応を見せたGK林彰洋に弾き出される。

均衡を保っていた試合は後半開始早々に動きを見せる。53分、浮き球のパスに反応した室屋成がボックス右に抜け出して藤川虎太朗との接触時に倒れ、PKの判定。キッカーのD・オリヴェイラが独特のモーションからGK八田の逆を突き、6試合ぶりの得点をマークする。

磐田は直後に藤川に代えて大久保嘉人を投入。すると61分、左サイドのアダイウトンからのクロスを供給し、ファーの大久保嘉人が右足で狙う。GK林彰洋はこれを止めることができなかったが、カバーに入った岡崎がクリアした。

その後、磐田の猛攻を受けつつもうまく試合をコントロールするFC東京だったが、80分にまたしてもアクシデント。相手と接触した際にD・オリヴェイラが倒れ込み、左太もも付近を押さえる。担架で外に出ることとなり、田川亨介が交代で投入された。

それでも、試合はFC東京がリードを保ったまま終了。この結果、磐田は3試合ぶりの敗北を喫して残留に近づくことができず。湘南との勝ち点差は暫定で「6」のままであり、今節他試合の結果次第では次節にも降格が決定する可能性が浮上する。一方、FC東京は3連勝で首位に浮上。今節敗北を喫した鹿島との勝ち点差を「3」に広げ、2位・横浜F・マリノスとの勝ち点差を「1」で維持している。

次節、磐田は札幌と、FC東京は湘南と対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年11月09日 16:34
    • ID:bs2L.4TX0
    • 磐田はもう厳しい
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年11月09日 18:14
    • ID:Ftb8lrs.0
    • 磐田の状態は監督交代以降よくはなってんだけどな…
      何もかもが遅すぎた感
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年11月09日 19:11
    • ID:MMAgskPt0
    • 磐田はもはやタイミングの問題
      フロントがあのままだと1年で戻るのは厳しそうだ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ