Sponsored Link

香川真司、先発復帰で好機作るもノーゴール。サラゴサは1-1ドローで連勝ならず

1
【アルメリア 1-1 サラゴサ セグンダ・ディビシオン第15節】

セグンダ・ディビシオン第15節、アルメリア対サラゴサが現地時間10日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

前説を欠場したサラゴサに所属するMF香川真司は、トップ下で先発復帰。ゴールに向かう積極的な姿勢を見せた。

【得点者】
45分 1-0 ヌニェス(アルメリア)
65分 1-1 リナレス(サラゴサ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00347033-footballc-socc

サラゴサはグティ率いるアルメリアとドロー


2
先制したのはアルメリア。45分、ペナルティエリア手前の右でFKを得ると、ヌニェスが合わせゴールに突き刺した。

1点の欲しいサラゴサは香川がチャンスを作る。52分、味方のロングボールに反応した香川が、ディフェンスラインの裏に抜け出しフリーに。GKよりも先に触り、GKの後方にボールが流れ香川もボールを追うが、間に合わず。相手にクリアされた。

するとサラゴサが同点に追いつく。65分、グティの浮き球のパスに抜け出したリナレスがGKとの1対1を制し、ゴールネットを揺らした。香川は87分にサンチェスとの交代を命じられた。

試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。サラゴサは連勝を逃してしまった。
3
公式ハイライトはこちら→https://youtu.be/oxcJuG8Z76Y

次節、サラゴサはアルバセテと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ