Sponsored Link

度重なるケガ、指揮官との確執、移籍騒動…“お騒がせ”ネイマールとポグバが『Goal 50』から落選

1
パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールとマンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが2019年『Goal 50』から外れた。

2011年から毎年、1年間の世界最高の選手を決める『Goal 50』に選出され、バルセロナ時代の2015年には自己最高となる4位にランクインしたネイマール。しかし、バルセロナのユニフォームを脱いだ1シーズン目はケガにも泣かされ、2018年は24位に転落する。

さらに、今年に至っては、男子トップ25からも外れてしまった。1月から長期離脱し、コパ・アメリカの前には足首を負傷してセレソンから離脱。一方、エースの抜けたチッチ監督率いるチームは、母国で久しぶりのトロフィーを手にするなどネイマールの重要性が薄れつつある状況だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010009-goal-socc

2013年から選出され続けた2人のスーパースターだが、今年は男子トップ25にランクインすることができなかった


2
一方のポグバは、キャリアワーストと言っていいほどの難しい時間を過ごす。昨シーズンの前半はジョゼ・モウリーニョ元監督との確執が取り沙汰されて調子を落とすが、12月に就任したオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で復調。2018-19シーズンのプロ選手協会(PFA)が選出したチーム・オブ・ザ・イヤーに入ったが、マンチェスター・Uがトップ4を逃したにもかかわらず選ばれたことに疑問の声が上がっていた。

さらに、2013年から2018年まで6年間にわたり『Goal 50』にランクインし続けたポグバだが、今夏には「新しいチャレンジを始める可能性がある」と退団を示唆するなど、バルセロナ復帰を熱望したネイマール同様に移籍騒動も重なり、男子トップ25入りを逃している。

『Goal 50』は、年に1度、過去12カ月の活躍に基づいて世界から50人のベストプレーヤーを選出し、ランキングするアワード。2019年は初めて男女をトップ25ずつに分けることが決まっている。世界42カ国にある『Goal』の編集長や記者たちが、ビッグマッチにおける活躍、前年と比べたパフォーマンスレベルの一貫性、記憶に残る活躍だったかどうか、所属クラブと各国代表での実績を判断して投票する。
3
ネイマールとポグバが外れた一方で、アリソンをはじめとするリヴァプール勢やリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドと言った現代フットボール界の2強で争われる2019年『Goal 50』の全容は11月12日火曜日に明らかになる。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年11月12日 04:40
    • ID:TVEwmEQp0
    • ネイマールの場合2019は代表含めても稼働率が余裕で半分以下なんだから当たり前だろ
      ネイマールの実力は百も承知だがこれで選ばれたらしっかり試合出てる人が可哀想
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ