Sponsored Link

西野監督率いるタイ、ベトナムとスコアレスで3位転落…マレーシア勝利でG組は大混戦に

1
カタールW杯アジア2次予選が19日に行われ、西野朗監督率いるタイ代表はベトナム代表と0-0のスコアレスドローで決着。2試合未勝利となり、G組3位に転落した。

G組の首位に立つベトナムと2位タイの首位攻防戦。ベトナムは元横浜FCのグエン・トゥアン・アインが先発入りした一方で、今夏よりベルギー挑戦を果たしたグエン・コン・フォンはベンチスタートとなった。対するタイは勝てば首位浮上となる一戦。Jリーグで活躍するチャナティップ、ティーラトンらが先発入りを果たした。

■試合結果
ベトナム 0-0 タイ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00010043-goal-socc

西野朗監督率いるタイは3位転落


2
まずチャンスを作ったのはホームのベトナム。7分にグエン・ティエン・リンが決定機を迎えるが、決めきることができない。すると前半中盤以降はタイに流れが向く。26分にカウンターから最後はティーラシンがフィニッシュまで持ち込むも決めきれず。

すると、タイは27分にPKを獲得すると、横浜F・マリノスのティーラトンがキッカーを務めたが、これはベトナムGKダン・バン・ラムが阻止。タイは絶好の先制チャンスを逃してしまった。

一方のベトナムは31分に右CKからブイ・ティエン・ズンがヘディングシュートを叩き込み、先制したかに思われたが、競り合った際にタイGKカウィン・タンマサッチャーナンへのチャージがあったとしてノーゴールに。両者スコアレスのまま前半を折り返した。

後半に入るとまたもベトナムに決定機。52分に9番のグエン・バン・トアンがフィニッシュまで持ち込むも、シュートはバーの上に。ベトナムのパク・ハンソ監督は72分に“切り札”グエン・コン・フォンを投入する。一方でタイも終盤に均衡を破るべくベトナムゴールに迫ったが、結局互いに最後までスコアを動かすことはできず。試合は0-0のスコアレスドローに終わっている。

G組はベトナムが勝ち点11で首位をキープ。2位には同日にインドネシアを2-0で下したマレーシアが浮上、2戦未勝利となったタイは3位に転落している。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年11月20日 05:38
    • ID:TWP1debi0
    • トンはPK決めたかったなー
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2019年11月20日 11:22
    • ID:P4IPQemQ0
    • ベトナムはアウェーのUAEとマレーシアを残してるから勝ち点こぼしそうだし、タイにも突破のチャンスはある
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ