Sponsored Link

MF瀬戸貴幸がアストラに“3度目”復帰! 欧州カップ通算出場数で日本人5位タイ

1
MF瀬戸貴幸が17日、自身の公式ツイッターを更新し、ルーマニアのアストラに加入することが決まったと発表した。中田英寿氏と並んで日本人歴代5位タイの欧州カップ戦33試合出場を経験した古巣へ、3度目の復帰を果たした。

瀬戸は2007年、当時ルーマニアリーグ3部所属だったアストラ(当時はFCプロイェシュティの名称)にテスト加入。チームの中心選手として2年連続の昇格に貢献した。その後、1部リーグでも着実に出場機会を重ね、2014-15シーズンには初のUEFAヨーロッパリーグ(EL)本戦出場を果たした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-43477327-gekisaka-socc

「今回の結果に関して私に責任がある。この先チームと選手をさらに成長させること、五輪で結果を出すことで責任を果たしたい」



15-16シーズンにはトルコのオスマンルスポルに移籍したが、シーズン途中から再びアストラに期限付き移籍。そのまま契約切れを待って完全移籍に移行し、16-17シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ予選に初めて出場した他、ELでは決勝トーナメント進出を果たした。

アストラを退団した2018年夏にはヴァンフォーレ甲府に所属したが、J2リーグ戦1試合の出場にとどまり半年間で退団。今冬までの間はラトビアの強豪クラブFK RFSでプレーし、EL予選2試合にもフル出場した。

瀬戸は自身のツイッターを通じて「これで3度目の古巣復帰となります。まずは今シーズンの残り、チームの力になれるように頑張ります!このチームに戻って来れたことはすごくハッピーですし、また新たな歴史も作っていきたいです。みなさん応援よろしくお願いします!」と決意を述べている。
3
なお、欧州カップ戦の出場数ではMF香川真司(サラゴサ)が53試合で日本人トップ。DF内田篤人(鹿島)が40試合、MF南野拓実(リバプール)が39試合、DF長友佑都(ガラタサライ)が38試合で続いている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 13:02
    • ID:qnjI4HwI0
    • 完全に第2の故郷だな。日本には馴染めなさそう。外国人選手なら異質なサッカーしてても周りが合わせてくれるけど、日本人で異質だと完全に浮いちゃうだろうな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 13:30
    • ID:CDJPUXOk0
    • 欧州帰りの日本人がJになかなか馴染めないのはなんでだろう
      セレッソの丸岡とか期待してたのになあ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 13:32
    • ID:dZv932DA0
    • 五輪に関して責任を負う必要はないと思う
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 13:44
    • ID:rCySjluS0
    • 前の記事の予測検索が紛れ込んでるな。
      とりあえず、アストラは今シーズン好調でヨーロッパ大会を視野に入れてるから、
      33歳とはいってもチームレジェンドである瀬戸の復帰は大きいだろうな。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 18:32
    • ID:6S6PIVCz0
    • 名古屋で家買ったらしいから、それなりの給料はトルコあたりで稼げたんだろうな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 19:22
    • ID:SJ8Lnyc10
    • 名古屋唯一の希望が瀬戸
      名古屋はそれ以外何も無い
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月17日 21:53
    • ID:rCu0RaGK0
    • 水に合うサッカーのチームやリーグはあると思う。頑張れ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ