Sponsored Link

伊東純也が演出した先制ゴール守れず…ゲンクは4失点逆転負けで連勝ストップ

1
[1.25 ベルギー・リーグ第23節 ゲント4-1ゲンク]

ベルギー・リーグ第23節が25日に開催され、FW伊東純也の所属する6位ゲンクは敵地で2位ゲントと対戦し、1-4で敗れた。伊東は8試合連続でスタメン入り。フル出場したが、チームは3試合ぶりの黒星で連勝が2で止まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-43477566-gekisaka-socc

ゲンクは3試合ぶりの敗戦


2
相手のホームに乗り込んだゲンクは前半16分に先制。伊東がドリブルでPA内右に持ち運び、キープから中央へパスを出す。DFに当たったボールをFWテオ・ボンゴンダが右足で蹴り込み、早い時間にリードを奪った。

しかし、ここからゲントが猛反撃を見せる。前半45分にパスワークからDFミラド・モハマディが同点ゴールを挙げると、後半7分にはMFロマン・ベズスが左足の豪快なシュートを決め、2-1と逆転。同43分にMFバディス・オジジャ・オフォエ、終了間際にFWアンデルソン・ニアンボも加点し、4-1のゴールラッシュで3連勝を収めた。

一方のゲンクは3試合ぶりの敗戦。連勝は2でストップした。

次節、ゲンクはホームでシャルルロワと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年01月26日 20:25
    • ID:CRj7xpVi0
    • 相手のほうがちょっと運があったね。ベズス相変わらずうまいな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ