Sponsored Link

クロップと再タッグ望まなかったMF ギュンドアンが明かす移籍決断の舞台裏

1
一体なぜ、このプレイメイカーはドルトムントから移籍を決断した際に恩師のいるクラブを選ばなかったのだろうか。ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが過去の移籍の舞台裏を語っている。

2011年から2016年までの5年間ドルトムントでプレイしたのちに、イングランド・プレミアリーグへ初挑戦することとなったギュンドアン。しかし、この男が新天地として選んだのはマンチェスター・シティだった。ドルトムント時代に共闘したユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールのライバルクラブに加入した彼の決断を、当時少し意外に思った人も少なくないのではないだろうか。

https://news.livedoor.com/article/detail/17807002/

自身のさらなる成長を促すために決断


2
しかし英『Manchester Evening News』によると、この移籍決断の背景には本人のある想いがあったという。ギュンドアンは当時、自身にとってより厳しい環境に身を置きたい気持ちがあったと次のように語っている。

「僕は人生にはチャレンジすべき時があると信じているし、常に挑戦しようと心掛けているんだ。それをせずにいつまでも快適な場所に居続けるなら、なにも変わらないし改善しない。だからユルゲンと素晴らしい4年間を過ごした後、何か別の道を探すべきだと感じたのさ。もちろん、彼のことは大好きだ。だけど、ドルトムントを離れる際に新天地として彼のいるクラブは選びたくなかった。それもリヴァプールを選ばなかった理由の一つだよ」

自身のさらなる成長を促すためにドルトムントを離れる決断をしたのに、かつての恩師がいるクラブへ移籍しては意味がない。当時のギュンドアンにはそういった気持ちがあったという。実にストイックな決断だ。
3
共に成功を掴んだからこそ、恩師と別の道を歩むことを決めたギュンドアン。プレミアで再タッグとはならなかったが、一人前に成長した教え子の姿には当時のクロップ監督も目を細めたことだろう。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 03:04
    • ID:lGCH9kC30
    • リバプール行ってたら怪我しまくってたと思う
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 08:49
    • ID:VG.6s37y0
    • 単純に金額
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 09:11
    • ID:j60k8daO0
    • 普通にクロップよりペップだろ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 13:29
    • ID:DR.QZSvD0
    • ペップがクロップより上はサッカー観てないか戦術拗らせたキモオタのどっちか
      ペップは金かけまくる割に毎回CLでカウンター喰らったボコられてるし半分お笑い監督だろ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 13:48
    • ID:AocEWbVt0
    • クロップは運動量前提の戦術だからね
      故障頻発しそう
      シティ行ってよかったんじゃないかな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 14:48
    • ID:e6062pJb0
    • ドイツ時代からクロップよりペップの方が怪我人出しまくってるの知らんやつ多すぎやろww
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ