Sponsored Link

「モウリーニョにイラつかされた」マルシャルが元指揮官の選手批判への不満を明かす

1
マンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシャルは、ジョゼ・モウリーニョ監督との間に問題があったことを明かした。

ルイ・ファン・ハール政権下の2015年にモナコからマンチェスター・Uに加入したマルシャル。2016年に就任したモウリーニョ監督の下でも、序盤こそ重要な役割を与えられていたものの、2016-17シーズン終盤にかけて出番を失う。そのうえ、翌シーズンにはロメル・ルカクがチームに加わり、フランス代表FWにとっては難しい状況が続いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00010008-goal-socc

前指揮官への不満を明かしたマルシャル


2
さらに、マンチェスター・U時代のモウリーニョ監督は、マルシャルをはじめ、ポール・ポグバやルーク・ショーと言った選手への非難を公の場で繰り返していた。当時を振り返った同選手は、フランス『RMC』で「直接僕に言ってくれたほうが良かった。みんなの前で言う必要なんてなかった。その後、彼が間違っていることを強く証明しようと思ったんだ」と話し、同指揮官との当時のやり取りについて口を開いた。

「なかなか先発でチャンスをくれず、それでも僕は途中出場から得点を挙げた。そして、試合後に彼は“私が求めていたものを理解できたか”と僕に言ってきた。本当にイラつかされた。だから、ピッチに立つに相応しい選手であると彼に証明したかったんだ」
3
その後、2018年12月にモウリーニョ監督は解任され、後任に就いたオーレ・グンナー・スールシャール監督の下でマルシャルは出場機会を手にし、今シーズンはここまで公式戦28試合で12ゴールを記録している。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 16:08
    • ID:qrpD5Bec0
    • 若い時のモウリーニョは成り上がり感あって好きだった。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 16:26
    • ID:.Y6USSs.0
    • ダイアーワニャマよりウィンクスロチェルソ使ってるあたりモウリーニョもアップデートしてってる感ある
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 16:38
    • ID:P6SLjRRG0
    • あらゆるヘイトを向けて選手にやる気出させるやり方だもんな。
      マルシャルはやってやるって気になってたんだったら成功だろ、他のやつはまた違うだろうが。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 16:40
    • ID:EdiaS.ZS0
    • マルシャルは守備出来ないし運動量少ないからマンU勝てないんだよな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 17:44
    • ID:JYmnNw970
    • マルシャル交代時文句言ってもんな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 18:40
    • ID:rxQUAuhR0
    • ※3
      だから長続きせずに数シーズンでチームが崩壊するんよね
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月13日 22:45
    • ID:En6zbPlL0
    • マルシャル基本的にずっと棒立ちだから使いにくい。シュートは上手いからハイライト映えするけど
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ