Sponsored Link

リヴァプール、最下位ノリッジに苦戦もマネ決勝弾で17連勝…南野はベンチ外

1
プレミアリーグ第26節が15日に行われ、ノリッジとFW南野拓実が所属するリヴァプールが対戦した。南野はベンチ外だった。

【スコア】
ノリッジ 0-1 リヴァプール
【得点者】
0-1 78分 サディオ・マネ(リヴァプール)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-01035102-soccerk-socc

リヴァプールがノリッジ下しリーグ戦17連勝


2
16連勝中で首位を独走するリヴァプールが最下位に沈むノリッジの本拠地に乗り込んだ一戦。最初の決定機はホームのノリッジが迎えた。35分、ルーカス・ルップが味方のロングボールでペナルティエリアへ完全に抜け出し、絶好のチャンスを迎えたが、これはリヴァプールの守護神アリソンのスーパーセーブに阻まれた。

リヴァプールは試合の主導権を握ったが、相手の堅守に苦しんでなかなか決定機を作れない。58分にナビ・ケイタが強烈なミドルシュート。59分にもモハメド・サラーがエリア右からシュート、そのこぼれ球にケイタが詰めるが、どれもノリッジの守護神ティム・クルルの壁を破れない。

ノリッジも72分、アレクサンデル・テッテイが右サイドから強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かす。これは惜しくも右ポストに弾き返されたが、ホームのファンが一気に沸いた。

試合が動いたのは78分。センターサークルのジョーダン・ヘンダーソンがエリア左へロングボールを送ると、途中出場のサディオ・マネが反応。飛びながら右足を伸ばすアクロバティックなトラップでボールを収め、そのままシュートをニアに突き刺し、リヴァプールに待望の先制点をもたらした。

ノリッジは89分、テーム・プッキがエリア前から右足シュートを放ったが、これもGKアリソンのセーブに遭い、得点には届かず。試合はこのままタイムアップを迎え、リヴァプールが苦しみながらもリーグ戦17連勝。ノリッジは3試合未勝利となった。

次節、リヴァプールは24日にホームでウェストハムと、ノリッジは23日にアウェイでウルヴァーハンプトンと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月16日 13:21
    • ID:An1V8WWc0
    • 南野ベンチ外かよ
      使う気ないなら獲得するな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月16日 14:31
    • ID:T1nAUAVo0
    • チェンバレンはCHで使おうぜ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月16日 15:03
    • ID:.i1Cl4170
    • 最初の決定機で決まってたらわからなかったね
      アリソン様様だぁ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月16日 19:29
    • ID:L3dnZlSW0
    • 1

      使わないなら獲得するな、か。アホすぎて笑ってしまう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ