Sponsored Link

C・ロナウド欠場のユヴェントス、ブレシアに完勝! ディバラ直接FK弾などで2試合ぶり白星

1
ユヴェントスは16日、セリエA第24節でホームにブレシアを迎えた。

ここまで17勝3分け3敗で首位インテルと勝ち点で並んでいるユヴェントスが、同4勝4分け15敗で19位に沈むブレシアと対戦した。ユヴェントスは、1-2で敗れた前節まで10試合連続ゴールを記録していたクリスティアーノ・ロナウドが休養のためメンバー外となった。

■試合結果
ユヴェントス 2-0 ブレシア
■得点者
ユヴェントス:ディバラ(38分)、クアドラード(75分)
ブレシア:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00010001-goal-socc

直接FK弾を決めたディバラ


2
試合早々、ブレシアにアクシデント。GKのアルフォンソが負傷したことで交代を余儀なくされ、セリエAデビューとなるGKアンドレナッチが緊急出場を強いられる。徐々にペースを握ったユヴェントスは32分、ゴールエリア左で仕掛けたイグアインの折り返しを正面のディバラが合わせるが、シュートをミートできず絶好機を活かせない。

そんな中、37分にはブレシアのアイェが2枚目のイエローカードを提示されて退場に。ユヴェントスが前半のうちに数的有利となる。さらに、このプレーで得たペナルティアーク右でのFKで、キッカーのディバラがポスト左内側を叩くシュートを放ってネットを揺らす。ディバラの今季6得点目でユヴェントスが先制した。

迎えた後半もユヴェントスが試合を支配する。49分にはディバラが蹴った左CKに正面で合わせたボヌッチのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに遭う。さらに66分にラムジーとの交代で投入されたピャニッチが負傷し、わずか7分でピッチを後にすることになる。

その後、終盤にかけて攻め手を強めたユヴェントスは75分、ゴール左で守備を掻い潜ったクアドラードが2点目を奪取。そのまま逃げ切りに成功し、完勝でリーグ戦2試合ぶりの白星を手にしている。

次節、ユヴェントスは敵地でSPALと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月17日 08:22
    • ID:uHj2axBk0
    • ロナウド 出てればハットできた相手だろうに
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月18日 12:52
    • ID:4NCk7tOd0
    • ディバラ追い出そうとしてたってマジ?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ