Sponsored Link

アウェイのライプツィヒ、ヴェルナーのPK弾でトッテナム破り好発進

1
チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、トッテナムがライプツィヒをホームに迎えた。

【スコア】
トッテナム 0-1 ライプツィヒ
【得点者】
0-1 58分 ティモ・ヴェルナー(PK/ライプツィヒ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-01037225-soccerk-socc

ライプツィヒはヴェルナーのPK弾が先制点となりアウェイでトッテナムに勝利


2
ライプツィヒは開始2分から相手ゴールを脅かす。しかし、アンヘリーニョやティモ・ヴェルナーのシュートはいずれもトッテナムのGKウーゴ・ロリスの好セーブに阻まれて先制点とはならなかった。

一方のトッテナムは8分、エリア内左のスペースに走りこんだステーフェン・ベルフワインがボールを受けると、そのまま右足でコースを狙ったシュートを放つ。トッテナムの最初の決定機となったこのシュートはGKペーテル・グラーチに弾き出されて得点とはならなかった。

その後はアウェイのライプツィヒがややボールを支配してチャンスも多く演出。しかしなかなかシュートが枠を捕えずスコアレスのまま試合を折り返した。

ライプツィヒは56分、コンラッド・ライマーが抜け出そうとするとエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーを務めたヴェルナーがこれをしっかりと決め、ライプツィヒは貴重なアウェイゴールを挙げて先制した。

先制を許したトッテナムは64分、ジェドソン・フェルナンデスとデレ・アリに変えて、タンギ・エンドンベレとエリク・ラメラを投入。その後は2度セットプレーからチャンスを迎えるも枠を捕えられず1点が遠い。

試合終盤はライプツィヒゴールに徐々に迫っていくトッテナムだが、試合はそのまま終了。ヴェルナーのPK弾を守り切ったアウェイのライプツィヒが0-1で勝利した。

セカンドレグは10日にライプツィヒのホームで行われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月20日 12:12
    • ID:Si4nkOEv0
    • スパーズ 草
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月20日 14:02
    • ID:hmY1Duxn0
    • ライプツィヒ強いわ
      トッテナムは怪我人言い訳にするけどライプツィヒも主力に怪我人いたしな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ