Sponsored Link

王座奪還目指す川崎F、鳥栖との開幕戦はスコアレスドロー…VARでダミアン得点は無効に

1
明治安田生命J1リーグは22日に第1節が行われ、川崎フロンターレとサガン鳥栖が対戦した。

いよいよ開幕した明治安田生命J1リーグ2020シーズン。2017年、2018年と連覇を飾りながら、昨季は横浜F・マリノスに優勝を譲った川崎Fは、王座奪還を目指すシーズンのリーグ戦初戦を本拠地である等々力競技場で迎えた。前週のルヴァンカップグループリーグ第1節から1人先発を変更し、家長がスタートからピッチに立っている。

一方昨季は熾烈な残留争いに巻き込まれ、なんとか15位で終えた鳥栖。上位進出を目指す今シーズン、強豪との開幕戦では松岡、本田と2001年生まれの2人が先発している。

■試合結果
川崎F 0-0 鳥栖

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010018-goal-socc

川崎Fと鳥栖はドロー発進


2
試合は川崎Fがボールを握り、鳥栖が構える展開に。川崎Fは左右にボールを動かしながらチャンスを作り、11分にはダミアンが強烈なバイシクルシュートを放ったが、枠の上へ外れた。一方の鳥栖は17分、ロングパスを抑えた小谷松が左サイドからドリブルで侵入し、あわやというシーンを作る。

川崎Fは24分、GKのパスミスを田中が拾ってミドルシュート。しかしGK高岡が自らのミスを取り返すセーブを見せる。その後も川崎Fが主導権を握る時間が続いたが、鳥栖の粘り強い守備は崩せず。前半はスコアレスで折り返す。

48分、川崎Fはネットを揺らすことに成功。左サイドからクロスを送り、こぼれ球に反応したダミアンが押し込んだ。しかし、今季から導入されたVARレビューにより、オフサイドがあったとしてゴールは無効に。先制点とはならなかった。

その後は両チーム選手を入れ替えながら、川崎Fはボール保持から、鳥栖はカウンターからチャンスを作り出す。川崎Fは76分からピッチに立った小林が攻撃をさらに活性化させ、終盤は猛攻を仕掛けるもゴールには繋がらない。

結局、試合はスコアレスドローで終了。両者勝ち点1を分け合うことになった。

次節、川崎はホームで札幌と、鳥栖はC大阪とそれぞれホームで対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月22日 17:17
    • ID:k2ZabTVO0
    • 三苫当たりだな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月22日 19:09
    • ID:gWKG.qY30
    • 今年余りファウルとらないから観ていて楽しい
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月22日 19:31
    • ID:7NW0VCMA0
    • 三笘は期待できるなあ
      でもこうなると、齋藤学の立場がやばいなあ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ