Sponsored Link

U-23代表の強化試合、W杯アジア2次予選の開催可否は?JFAが新型コロナへの対応策を発表

1
日本サッカー協会(JFA)は26日、新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止に関する対策と、今後の見通しについて発表した。

世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスに対して、日本政府が25日に対策における基本方針を発表。「今後1~2週間が国内での感染拡大を最小限に抑える上で極めて重要な時期である」ことを踏まえ、Jリーグは同日に3月15日までの公式戦延期を決定していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010030-goal-socc

各カテゴリでの試合開催については、今後慎重に検討していく方針


2
25日に発表された政府の基本方針を受けて、JFAは「あらためて感染予防および拡散防止のためにサッカー界として今でき得る最大限の対策を講ずる」ことを決定。まずは、27日から3月15日までの間は、JFAが関わるすべての会議、イベントなどについて開催の必要性を再検討し、原則として延期または中止する方針を示した。

これにより、東京都内にある日本サッカーミュージアムは、26日から3月16日まで休館に。また、3月9日に開催予定だった常務理事会は中止となった。一方で、同12日の理事会と、29日の評議員会については、今後も開催可否を検討するという。

JFA内でも「不要不急の会議の延期や中止、職員全員を在宅勤務とすることなども含め、さらに踏み込んだ対策を講じます」とし、「9地域サッカー協会、47都道府県サッカー協会、各種連盟などに対しては、JFAの対応策を共有・推奨した上で、それぞれの地域で対応していただくよう要請」していくことを明かした。

また、各カテゴリでの試合開催については、今後慎重に検討していく方針であると記している。3月7日のU-20日本女子代表の国際親善試合(vs U-20ドイツ女子代表/埼玉スタジアム2002第2グラウンド)は観客を入れずに開催することで、埼玉県やドイツサッカー連盟の意向を確認し、可否を判断するという。

3月末開催のU-23日本代表の強化試合についても今後開催可否を検討していくこととなった。対象試合は27日のU-23南アフリカ代表戦(サンガスタジアムby KYOCERA/京都)、30日のU-23コートジボワール代表戦(博多の森球技場/福岡)となる。

3月26日と31日のカタール・ワールドカップアジア2次予選の2試合(vsミャンマー代表/愛知、vsモンゴル代表/モンゴル)については、主催であるFIFA(国際サッカー連盟)やAFC(アジアサッカー連盟)と連携を取り、今後の事態の推移を注視し、判断を下すことになるという。
3
一方で、3月14日(土)から22日(日)に開催予定だったJFA第25回全日本フットサル選手権大会は、中止することが決まった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月27日 07:59
    • ID:qgG40.i30
    • 失って初めて分かるサッカーのある幸せな日常
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ