Sponsored Link

オーバメヤンの豪快弾実らずアーセナル敗退…オリンピアコスがアウェイゴールで劇的逆転突破

1
ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが27日に行われ、アーセナルとオリンピアコス(ギリシャ)が対戦した。

【スコア】
アーセナル 1-2(2試合合計:2-2) オリンピアコス
【得点者】
0-1 53分 パプ・アブ・シセ(オリンピアコス)
1-1 113分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
1-2 120分 ユセフ・エル・アラビ(オリンピアコス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-01040938-soccerk-socc

アーセナルがオリンピアコスに敗れてEL敗退


2
敵地でのファーストレグを1-0で制したアーセナルは21分、ニコラ・ペペがペナルティエリア前中央でウセイヌ・バに倒されてFKを獲得。ペペが直接狙ったが、シュートは枠を捉えらなかった。39分には、グラニト・ジャカのスルーパスを受けたブカヨ・サカがエリア左から折り返し、中央のアレクサンドル・ラカゼットが蹴り込んだが、サカのオフサイドで得点は認められなかった。

試合が動いたのは53分、アウェイのオリンピアコスが先制に成功した。マテュー・ヴァルブエナの左CKから、中央でフリーになったパプ・アブ・シセがヘディングシュートを突き刺してゴール。2試合合計1-1に追いついた。

アーセナルは77分にペペがエリア右でパスを受けて左足を振り抜き、83分にはルーカス・トレイラがミドルシュートで狙うが、どちらも相手GKホセ・サに阻まれた。2試合合計1-1のまま90分が終了し、延長戦に突入した。

オリンピアコスは109分、ヨルゴス・マスラスがエリア前左からゴール右上を狙うが、シュートは惜しくもクロスバーに弾かれた。スコアが再び動いたのは113分。メスト・エジルのクロスをニアでガブリエウ・マルティネッリが競り合い、こぼれ球をピエール・エメリク・オーバメヤンが豪快なオーバーヘッドで叩き込み、アーセナルが2試合合計で勝ち越しに成功した。

しかし終了間際の120分、マスラスが右サイドからクロスを入れると、ゴール前に飛び出したユセフ・エル・アラビがダイレクトでゴール右隅に流し込んでゴール。オリンピアコスが土壇場でアウェイゴールを奪った。アーセナルは延長後半アディショナルタイム3分、ゴール前フリーのオーバメヤンにこぼれ球が巡ってきたが、シュートは無念にも枠の右に外れた。

試合はこのまま終了し、オリンピアコスがアウェイゴール差でELベスト16へ劇的逆転突破。アーセナルはベスト32で敗退となった。

決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)の組み合わせ抽選会は28日に行われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年02月28日 12:08
    • ID:eC2j7bQt0
    • いつもありがとうアーセナル
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ