Sponsored Link

選手の収入ランキングを仏誌が発表…上位10人に神戸MFイニエスタの名前も

1
『フランス・フットボール』は、選手たちが昨年稼いだ年収を発表し、ランキング付けした。

計算は単純な年俸ではなく、前年のボーナスも含まれる。そのため、2018-19シーズンで獲得したボーナス、2019-20シーズンの年俸、そしてスポンサー契約などを合わせた金額でランキングを決定する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00010018-goal-socc

やはりスター2人がトップに


2
大方の予想通り、1位はバルセロナのリオネル・メッシで、1億3100万ユーロ(約157億円)。2位にクリスティアーノ・ロナウドで1億1800万ユーロ(約141億円)、3位にはネイマールで9500万ユーロ(約114億円)を稼いだ。現代最高の3選手が、収入面でもトップ3を独占した。

そして、4位には大きく離れて、アントワーヌ・グリーズマンが入り、3800万ユーロ(約45億6000万円)という結果に。先日、監督の収入ランキングが発表されたが、1位のディエゴ・シメオネ監督(4050万ユーロ)を下回る結果となっている。

ランキングは以下の通り。

1位 リオネル・メッシ(バルセロナ)1億3100万ユーロ
2位 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)1億1800万ユーロ
3位 ネイマール(PSG)9500万ユーロ
4位 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)3800万ユーロ
4位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリー)3800万ユーロ
4位 エデン・アザール(レアル・マドリー)3800万ユーロ
7位 アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)3400万ユーロ
8位 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)3300万ユーロ
9位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)2900万ユーロ
10位 キリアン・ムバッペ(PSG)2700万ユーロ
3
また、上位10人の中で、唯一欧州クラブ以外からの選出となったのはヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ。年収3400万ユーロ(約40億円)と伝えられている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ