Sponsored Link

今夏注目のオーバメヤン獲得レースにPSGも名乗り

1
今夏の去就が注目されるアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(30)の獲得レースに、パリ・サンジェルマン(PSG)も参戦するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

2018年1月にドルトムントから加入して以降、新たなゴールゲッターとして公式戦通算97試合61得点13アシストを誇るオーバメヤン。今季もここまで公式戦32試合20得点1アシストの数字を収める活躍を披露している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00372233-usoccer-socc

カバーニの退団に備え新たなストライカーの獲得を目指すPSG


2
そのオーバメヤンに対して、今季限りでウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの退団が濃厚となっているPSGも関心を強めている様子だ。

カバーニの退団に備え、今夏の移籍市場で新たなストライカーの獲得を目指すPSGは、昨夏にインテルからレンタル移籍で加入したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの買い取りを検討しているが、7000万ユーロ(約82億6000万円)という高額な移籍金がネックとなり、オプションを行使するかは不明となっている。

そんななか、PSGのスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏は、イカルディより安価な移籍金での獲得が可能なオーバメヤンに白羽の矢を立てているようだ。
3
なお、来季で契約満了を迎えるオーバメヤンに関しては、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドが関心を示す一方、アーセナルも契約延長に向けた動きも見せており、今後の動向に注目が集まっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年03月26日 02:31
    • ID:XdAGWeTL0
    • チュポと被る
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年03月26日 03:51
    • ID:TNHpgYke0
    • トゥヘルとの関係性は悪くないし、金もいいしでパリありそう
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ