Sponsored Link

「後悔している」 ブレシアオーナー、”悪童”バロテッリの獲得に”本音”…練習は不参加

1
セリエAブレシアのオーナー、マッシモ・チェリーノ氏が昨夏にチームに加入した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得は「間違いだった」と後悔を語った。加入からわずか1年だが、バロテッリにはブラジルのヴァスコ・ダ・ガマや日本代表DF長友佑都の所属するトルコのガラタサライ移籍の可能性が浮上している。

29歳のバロテッリは今年1月に日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユに加入し、約半年間プレー。その後、同8月には故郷のブレシアで約4年ぶりにイタリアに復帰していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16fce83798a9844f9d65e33813fa02fd9e8939b3

マッシモ・チェリーノ氏が「彼はトレーニングに姿を見せていない」


2
今季はここまで19試合5得点の成績を記録しているものの、クラブからの期待には応えることができていないようだ。チームもセリエA最下位に沈んでおり、オーナーのチェリーノ氏はバロテッリからはクラブにコミットしようという意志も感じられないという。

チェリーノ氏はバロテッリ獲得を「後悔している」と英公共放送「BBC」に対してコメントした。

「彼はトレーニングに姿を見せていない。彼はクラブの将来のためにコミットしているようには見えない。それが問題なんだ。バロテッリはセリエAでの契約を結んでいるが、セリエBでの契約はない。我々は後悔している。バロテッリはこれ以上の契約を望んでいなかった」

チェリーノ氏は「私たち双方が間違いを犯したと思う」とバロテッリのブレシア加入が選手にとってもクラブにとっても失敗だったと言及し、「彼の故郷であるブレシアに来ることで、とてもコミットしてくれるものだと思っていた。同時に彼は前監督(エウジェニオ・コリーニ)の下で間違った扱いを受けていたと思う」と付け加えた。

バロテッリはサポーターからの度重なる人種差別被害に悩まされており、イタリアからの移籍可能性も浮上している。
3
イタリアサッカー情報サイト「フットボール・イタリア」によれば、代理人のミノ・ライオラ氏がブラジルのヴァスコ・ダ・ガマとトルコのガラタサライと連絡をとっているという。ブレシアを1年で退団する可能性が現実味を帯びているようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年05月29日 18:14
    • ID:cg1t2zvK0
    • バロテッリの居場所は何処なんだろう
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年05月29日 19:04
    • ID:jwSLUB4z0
    • もうサッカーやめちゃえよ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年05月29日 20:50
    • ID:qLjBov3f0
    • 精神科に行った方がいいんじゃないかな
      最近はサッカーできる状態じゃ無い感じだよね
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年05月29日 21:29
    • ID:4jOhOjht0
    • まじでマンC時代の輝きを取り戻して欲しいわ。
      アグエロより良かったんだよ。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年05月30日 04:02
    • ID:Y7Q7ciZN0
    • 本当にサッカー舐めてるならやめちまえ
      もう誰もお前には期待しないしこれ以上印象下げるのは良くない
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年05月31日 00:16
    • ID:Wsij3jg20
    • 増上慢になって自滅したな
      自滅した自覚もないだろうから救いもないが
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ