Sponsored Link

岡崎慎司は「必ず期待に応えてきた」 地元紙が終盤戦“キーマン”指名「引っ張る準備ができている」

1
スペイン2部ウエスカのFW岡崎慎司は、今季すでに10ゴールを記録し、昇格を目指すチームを前線から牽引している。そんななか、スペイン地元紙「El Periodico de Aragon」は岡崎とU-21スペイン代表FWラファ・ミルの2人を“キーマン”に指名。チームの命運を懸けた終盤戦に向けて、その活躍に期待を寄せている。

岡崎は昨夏の移籍市場でウエスカに加入。シーズンを通して前線のレギュラークラスとして起用され、現地時間2日の第37説ラス・パルマス戦(1-0)では今季10ゴール目となる決勝点を記録した。5日のデポルティボ戦では途中出場となりチームも1-2で敗れたものの、昇格争いのライバルも軒並み敗戦を喫したことで、ウエスカは自動昇格圏の2位をキープしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d979c1f981fe7013fd88a530553706421dee0e67

同僚FWミルとともに終盤戦の鍵を握る存在として特集


2
残り4試合となり、勝ち点で並ぶ3位サラゴサ、勝ち点1差の4位アルメリアとの熾烈な昇格争いは続く。そのなかで「El Periodico de Aragon」は「ミチェル・サンチェス監督のチームは、シンジ・オカザキとラファ・ミルの2人次第となるところが大きい」として、ウエスカの命運は前線でプレーする2人に懸かっていると指摘。次のように伝えている。

「彼ら2人は出場機会を分け合っており、同じようにゴールによる貢献を果たしている。それぞれがここまでに辿ってきた道筋は違う(ミルはシーズン途中の加入)が、ストライカーたちはシーズン終了までシーズンを引っ張る準備ができている」

ここまで33試合10ゴールの岡崎と、14試合7ゴールのミル。両者の活躍こそが、昇格への鍵となると見られている。また、同紙は岡崎について「実践的なスキルを持ち、役割を完遂して2列目の選手をリードする。頑強かつ疲れ知らずであり、ミチェル監督が先発起用しても、途中投入しても、必ず期待に応えてきた」と評価。どのような起用法であれ、チームに大きく貢献するという見方をされていた。
3
シーズン終盤を迎え、来季1部の座を懸けたデッドヒートが続くリーガ2部。その“主役”の1人となっている岡崎のパフォーマンスには、現地でも期待が高まっているようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 07:19
    • ID:GlaD1Xek0
    • おかざ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 08:04
    • ID:1s9R.dcJ0
    • 日本史上、、いや、プレミア奇跡の優勝に導いた世界でも稀に見る過小評価な選手
      その理由は華麗な足技ではなく常に薄い頭髪の頭でゴールを決め柴犬のように泥臭く
      駆け回る事にある
      シンジ・オカザキは今日もどこかのピッチを駆け回るワンワン
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 08:12
    • ID:7KhkV.8I0
    • >シンジ・オカザキは今日もどこかのピッチを駆け回るワンワン

      ここすき
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 08:45
    • ID:.dOcBUBE0
    • 過小評価ぶりが異常すぎるよな
      日本人FWでこの人超えるの出てくんのか
      宝塚市民だから小学生の頃に末広公園での講演を見に行ったことある。「リフティング150回くらいしか出来なかったけど自分のストロングポイントを活かせば成功できる」みたいなこと言ってたな。その5年後くらいにプレミア優勝した
      プロ目指してなくてもサッカー少年なら小学生でリフティング300回とか超普通だからな。150回とか正直結構下手なほう
      当然今はもっといくんだろうけどね
      本当にかっこいいわ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 11:02
    • ID:AfsSS8OG0
    • >>4
      もともと鈍足で一から走り方変えたりして、努力すごいよな
      年々進化してるのは本当にすごいと思う
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 11:11
    • ID:zZtOn5OW0
    • 岡崎のオフザボール見てると、そりゃごっつぁん多くなるわ、って良くわかる
      とにかく常に効果的な場所に移動し続けてるから、ボールさえ来ればいつでもゴールに叩き込める状態にある
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 12:19
    • ID:TKkL.zvp0
    • いつもいつも過小評価され過ぎなんだよ。
      どんな状況でも能力を発揮できる稀有な選手だろ。香川は環境が整わないと技術を発揮できないし、波もある。
      ベテランや引退した近年のサッカー選手で、世界レベルなのは、岡崎と中田、長谷部だけだ。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 13:37
    • ID:YM4iKUsV0
    • 地味とか言われるけどゴラッソ多いし、何気に小技たくさん持ってるし
      肩でクイってボール弾いてポーンと前に飛ばすとか、アシカドリブルでファール誘うとか
      後頭部に当てて落とすとか、マリーシア凄くて老獪で強くてかっこいい
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 15:42
    • ID:X1veTCuh0
    • 岡崎はがむしゃらに走ってるようで、すごい賢く走ってるんだよな
      日本中の若手は見本にしてほしいわ
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 16:10
    • ID:tEpzG8kJ0
    • ディフェンダーがどっちがマークするか迷う絶妙なポジショニングは若手の良い手本
      ポストプレー出来るかどうかがFWの絶対条件じゃない
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年07月08日 21:17
    • ID:5zgS3WUB0
    • 犬の様にゴールの嗅覚を嗅ぎ、犬の様に予測不能に走り回り、犬の様にフリスビーに飛びつく我が岡崎犬。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ