Sponsored Link

ルカク&エリクセン弾でインテルがEL8強入り…一発勝負でヘタフェを下す

1
ヨーロッパリーグ(EL)・決勝トーナメント2回戦が5日に行われ、インテルとヘタフェが対戦した。

この対戦は当初3月12日にファーストレグが行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に。8月に入ってようやく大会が再開され、この一戦はドイツのゲルゼンキルヘンにあるフェルティンス・アレナ(シャルケの本拠地)にて、一発勝負で勝敗が決することになっている。

【スコア】
インテル 2-0 ヘタフェ
【得点者】
1-0 33分 ロメル・ルカク(インテル)
2-0 83分 クリスティアン・エリクセン(インテル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/53d5a6e64d88552bdd7dbd18d43202816bded68c

インテルが一発勝負制す


2
試合序盤はヘタフェが主導権を握る展開となるも、インテルは集中した守備を見せて得点を許さない。すると25分、インテルはラウタロ・マルティネスがドリブル突破から右足を振り抜く。しかし、ヘタフェの守護神であるダビド・ソリアに防がれ先制ならず。26分には再びL・マルティネスが強烈なシュートを放つも、ソリアが再び好セーブを見せる。

徐々にペースを握り始めたインテルは33分、自陣の深い位置でボールを持ったアレッサンドロ・バストーニが左足でロングボールを供給すると、ロメル・ルカクが巧みなボディコントロールでボールをキープし、左足でフィニッシュ。シュートはサイドネットに突き刺さり、インテルが先手を取った。

インテルの1点リードで折り返した後半、ヘタフェも反撃に出る。65分、アラン・ニョムが右サイドからクロスを供給すると、ペナルティエリア内で待っていたハイメ・マタが強烈なヘディングシュート。しかし、インテルのGKサミール・ハンダノヴィッチに弾き出されてゴールならず。

71分にはヘタフェにビッグチャンス。ハソン・レメセイロのクロスを処理しようとしたインテルのディエゴ・ゴディンがハンドを取られ、ヘタフェがペナルティキックを獲得する。しかし、ホルヘ・モリーナの狙いすました一撃はわずかに枠を外れ、痛恨のPK失敗に。

すると83分、今度はインテルに決定機が訪れる。右サイドを駆け上がったダニーロ・ダンブロージオがグラウンダーのクロスを送るも、ジェネ・ダゴナムにクリアされる。しかし、クリアボールが中途半端になった所を見逃さなかったクリスティアン・エリクセンが左足で強烈なシュート。途中出場のエリクセンが放ったシュートはソリアの手を弾いてネットを揺らし、インテルが勝利を決定付ける追加点を奪った。

試合はこのままタイムアップ。準々決勝は10日に行われる予定となっており、勝利したインテルはレヴァークーゼン対レンジャーズの勝者と対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年08月06日 11:54
    • ID:yoKAiTmV0
    • 優勝候補
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年08月06日 14:29
    • ID:ECoJbHCB0
    • 決勝でマンUとやってほしいわ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年08月06日 15:23
    • ID:.6O9yLoq0
    • 正直内容はいまいちやったな
      前半は前線からのプレスでボコボコやったしPKも外してくれてなんとか勝てたって感じ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ