Sponsored Link

柴崎欠場のデポルティーボ、2部最終節で意地の白星…フエンラブラダは昇格プレーオフ逃す

1
リーガ・エスパニョーラ2部最終節が7日に行われ、MF柴崎岳が所属するデポルティーボはホームでフエンラブラダと対戦した。柴崎はメンバー外で、クラブは「フライトの問題」と発表しており、急きょ決まった試合までにチームに合流できなかったようだ。

【スコア】
デポルティーボ 2-1 フエンラブラダ
【得点者】
0-1 11分 パテ・シス(フエンラブラダ)
1-1 84分 クラウディオ・ボーヴュ(デポルティーボ)
2-1 90+5分 クラウディオ・ボーヴュ(PK/デポルティーボ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/aaa9aaf86451bd1ee5b91fd29841ff87fe250158

最終節開催もフエンラブラダは昇格プレーオフ逃す


2
試合は、勝てば昇格プレーオフ進出の6位に浮上するフエンラブラダが先手を取った。11分、右サイドからのFKの流れで、アルベルト・フェルナンデスがペナルティエリア右からクロスを供給。GKに弾かれたこぼれ球を、エリア中央のパテ・シスが押し込んで先制ゴールを決めた。

一方、すでに降格が決まっているデポルティーボは終盤に反撃が実る。84分、アヘル・アケチェが右サイドからゴールへ向かうクロスを上げると、GKが弾いたボールはクラウディオ・ボーヴュの体に当たってゴールに吸い込まれた。追いついたデポルティーボはさらに後半アディショナルタイム5分、相手のハンドでPKを得ると、ボーヴュがゴール左隅に沈めて逆転に成功した。

試合はこのまま終了し、デポルティーボが意地の最終戦白星を収めた。敗れたフエンラブラダは昇格プレーオフ進出のチャンスを逃し、8位で終わった。
3
公式ハイライトはこちら→https://youtu.be/T8Vx7tz8haM

この試合は本来なら7月20日に行われるはずだったが、直前にフエンラブラダの選手やスタッフの計12名に新型コロナウイルス感染が判明したため、延期となっていた。その後、フエンラブラダの感染者が28名まで増え、リーグは当初、試合を行わないことを発表していたが、今月3日に一点して5日に試合を開催することが決定。さらに翌4日には試合開催日が5日から7日に変更された。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年08月09日 10:14
    • ID:PpXyuYuG0
    • 柴崎はもうJリーグ復帰したら。
      コロナ経済だしな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ