Sponsored Link

冨安健洋にイタリア紙が太鼓判「ポジション代えても新生ボローニャで不動の存在」

1
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が15日のクラブの若手特集の中で注目した。

今夏、20歳のFWエマヌエル・ヴィニャートや18歳のアーロン・ヒッキー、19歳DFルイス・ビンクス(来年1月までモントリオール・インパクトでプレー)を獲得したボローニャ。続いてディナモ・キエフに所属する20歳FWヴラディスラヴ・スプリアハに触手を伸ばすなど、若手を中心とした補強を進める。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c06e2dc711b84f77f10b1e93faff4f8b7f0c4f7

ポジションを変えても、新生ボローニャで不動の存在


2
指揮官のシニシャ・ミハイロヴィッチは、若手主体のボローニャを目指してチーム作りを進めており、クラブも指揮官の構想を支える。イタリア紙は、ボローニャが過去にも素晴らしい逸材を輩出したことがあると指摘。16歳10カ月でデビューを飾った現イタリア代表監督のロベルト・マンチーニや、18歳でデビューすると2006年にワールドカップを制したクリスティアン・ザッカルドらを例に挙げ、「のちに偉大なキャリアを歩む運命にある20歳以下の若手を抜てきするDNA」がクラブに備わっているとの見解を示した。

そして、直近の例として昨シーズンの冨安およびFWムサ・バロウの活躍を紹介。「Covid(新型コロナウイルス)の狭間の昨シーズンも、若手主体の方針を推し進め、トミヤスとバロウの良いパフォーマンスを見てもすでに良い結果が出ていると言える」との見解を示した。

さらに「前者はすぐさま守備のレギュラーとなり、後者はリーグ再開後にゴールを量産して評価を得た」と補足し、「1998年生まれの2人は、高いレベルでの偉大な将来が予想される」と太鼓判を押している。

今夏、冨安はボローニャでのポジションを右サイドバックからセンターバックへ、バロウはウィングからセンターフォワードへと変更する。それでもイタリア紙は、「2人はポジションを変えても、新生ボローニャで不動の存在だ」と結論付けた。
3
開幕戦となるミランとの一戦は22日早朝3:45より試合開始予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月16日 07:00
    • ID:99OPdp.h0
    • コロナ再開後は再開前に比べてかなりコンディション落としてるように見えた
      でもちゃんと戻せばいつもの冨安になると思う
      その調子を落としたコロナ再開後に久しぶりにやったCBで貶されてるけど、それも調子さえ戻せばコパやアジアカップで見せた冨安以上が出てくると思う
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月16日 08:22
    • ID:6nbFbS5w0
    • CFのバロウ微妙だったけどどうだろう
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月16日 19:41
    • ID:Bu9Ly2sp0
    • 仮にセンターバックで調子上がらなくてもサイドバックが出来るって証明はしてあるけど、今シーズンは昨シーズン以上に非売品感溢れるプレー期待してます
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ