Sponsored Link

酒井宏樹が右SB先発、後半左SBにスライドもマルセイユは今季初黒星

1
現地時間17日、延期となっていたリーグ・アン第1節マルセイユvsサンテティエンヌが行われた。

この試合で酒井宏樹は前半右サイドバックとして先発。後半からは左にシフトし79分までピッチに立ったが、マルセイユは0-2で敗れている。長友佑都は第1節時点で登録外だったこともあり、この延期試合には出場していない。

■リーグ・アン第1節順延分
マルセイユ 0-2 サンテティエンヌ
得点者
サンテティエンヌ:アムマ(6分)、ブアンガ(75分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d27d4f895eae6b982051dea5784654f57b94d9a

マルセイユ、ホーム戦で今季初黒星


2
試合は開始6分、サンテティエンヌのイヴァン・メイコンが左サイドを深くえぐり、酒井宏樹がチェイス。だがクロスを入れられ、中に飛び込んだロマン・アムマがダイレクトで合わせてサンテティエンヌが先制。

追う展開になったマルセイユは40分にフロリアン・トヴァンが決定機を迎えるもシュートは阻まれ、0-1で折り返す。

後半に入るとマルセイユは途中出場のブナ・サールを右サイドバックに起き、酒井を左サイドへとシフト。反撃に出たいマルセイユだったが75分にカウンターを食らい、最後はデニス・ブアンガにミドルレンジから決められ、0-2と2点差に広がる。

試合はこのままフルタイムを迎え、マルセイユはホームでサンテティエンヌ相手に0-2で落とす結果となった。酒井宏樹は79分に交代でピッチから退いている。

※公式ハイライトはこちら→https://youtu.be/5-3uboala2c

この結果、唯一の開幕3連勝となったサンテティエンヌが3試合消化時点で単独首位に。一方、マルセイユは2勝1敗と今季のリーグ戦初黒星を喫し、勝ち点6の8位となっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ