Sponsored Link

「すぐに何かがおかしいと…」EL予選でまさかの珍事! “奇妙な”ゴールマウスの登場にモウリーニョも驚愕

1
トッテナムは9月24日、ヨーロッパリーグ予選3回戦で、KFシュケンディヤに3-1で勝利した。

英衛星放送『Sky Sports』によると、ジョゼ・モウリーニョ監督は「勝てて良かった。3連勝はなお良い。アウェーでの3連勝はさらに良い」と、ホームを離れての公式戦3連勝を喜んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ee7ead226d809a32ce08fca51848408b08c4f12

「自分が成長したのかと…」



「われわれは自分たちの仕事をしただけだ。ものすごいプレーをしたわけじゃない。仕事をして、ラウンドを突破した」

開始早々にエリック・ラメラのゴールで先制しながら追いつかれたものの、ソン・フンミンとハリー・ケインのゴールで、残り20分から突き放した。そんな彼らのまわりで、試合前に、あるトラブルが発覚していたようだ。

試合後の会見で、モウリーニョは「試合前におかしかったのが、ウチのGKたちからゴールマウスが小さいと言われたことだ」と明かしている。

「まさかと思って私もゴールに行ってみたら、たしかに小さかった。GKはあそこで何時間も過ごしているんだ。だから、正しい大きさではないと分かるんだよ。私もGKではないが、子どものころからサッカーを知っている。そこに立って、腕を伸ばせば距離感が分かる。だから、すぐに何かがおかしいと感じた。

UEFAの役員に確認させた。そうしたら、5センチ小さかったんだ。もちろん、われわれは正しい大きさのゴールを取り換えるように要求したよ」

モウリーニョは自身のSNSでもクロスバーに手を伸ばす自身の写真を投稿。「自分が成長したのかと思ったが、ゴールが5センチ低いのだと気づいた」とコメントしている。

なお、この日の会場はシュケンディヤの本拠地ではないが、いずれにしても規定を満たさないゴールマウスのまま試合が開催されることはなかった。

勝ち進んだトッテナムは、プレーオフでマッカビ・ハイファと本大会出場を競う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月25日 18:14
    • ID:Qv95eoXv0
    • そもそもなんで規格と違うゴールがあるんだ?
      5cm程度の違いならジュニア用のゴールとかじゃないし、わざわざ作らないとそんなものあるわけがないよね?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月25日 18:23
    • ID:AOEFNozB0
    • 孫興民の1G2Aか
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月25日 18:32
    • ID:QMnrq4t40
    • 珍事
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月25日 21:19
    • ID:x.uy.Wnw0
    • 珍しい事件だな。こんな規格あるんだ。もしかして女子用?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月25日 23:54
    • ID:hmu6ASIo0
    • 女子も男子も同じ大きさのはず。
      なんらかの意図で練習用に作ったゴールを出しっぱなししたのか?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ