Sponsored Link

奥川のザルツブルク、「エンブレム違い」の2020-21CL用ユニフォーム登場

1
奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクとキットサプライヤーのNikeは21日、今季のUEFAチャンピオンズリーグで使用するユニフォームを発表した。

https://news.livedoor.com/article/detail/18959797/

今季のCLを戦うホームユニフォームは、チームカラーのレッド単色。シャツは今季のNike契約チームに多く見られるテンプレート“Trophy IV”をベースにしている。


2

選手名と背番号のフォントは基本的に国内リーグ用と同じだが、番号下部にチームクレストは入らない。


3

パンツとソックスはどちらもシャツと同じレッドで、全身同色でまとめるスタイル。


4

アウェイユニフォームはグレーのベースカラーで、シャツは基本的にホームと同じテンプレシャツを使用。パンツとソックスも同じくグレーを基調とする。


5

通常のエンブレムだとスポンサーロゴ(Red Bull)の存在がUEFAの規定に抵触するため、CLなどのUEFA主催のカップ戦では国内リーグ用キットとは異なるエンブレムを付ける。また、胸スポンサーのロゴマークも「Red Bull」に変えている。


6
7

22日に敵地で行われたマッカビ・テル・アヴィヴとのCL予選プレーオフ1stレグでは、チームを救う決勝点を決めた奥川。プレーオフ2ndレグは30日に、ザルツブルクのホームで行われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月27日 07:38
    • ID:cSgl6yRD0
    • 正直こっちのエンブレムの方が好きなんだよなぁ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ