Sponsored Link

新天地が決まらない“構想外”の香川真司、年俸問題を解決するために打った「奥の手」とは?

1
スペイン2部のサラゴサに所属する香川真司は、2人しか登録できない「EU圏外選手」の枠から漏れた。契約は来年6月まで残っているものの、事実上の構想外であり、退団は決定的だ。

だが、新天地はまだ決まっていない。地元紙『Heraldo』によれば、スペインでのプレーを望んでいる香川は、中東からのオファーを拒否。スペイン2部に昇格したログロニェスのオファーも断り、同じくセグンダのラージョ・バジェカーノや柴崎岳が所属するレガネスとの交渉も、現時点では良い感触ではないという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff35a66ff94cd8038c6d6c2ad8ebe07bce026254

移籍が決定的な香川。スペインでのプレーが望みだが…


2
サラゴサではチーム最高額だった年俸もネックとなっているようだ。全国紙の『AS』は、「スポーツ面も経済面も満足させるオファーは来ていない」として、サラゴサが特別な手段を使ったと報じた。なんでも、3年分割で55万ユーロ(約7000万円)を香川に支払うことで合意したという。

これで、サラゴサとしては今シーズンの年俸負担が減り、サラリーキャップ制によって定められている上限額に余裕ができる。また、獲得を狙うクラブにとっても、財政的なリスクがなくなる。

当面の年俸が保証された香川は、フットボールの観点から新天地を選ぶことができるだろう。『AS』紙は「サラリー全額を支払うクラブがあれば、友好的に契約は終了しただろう」と綴り、“窮余の策”だったと伝えている。
3
いずれにしても、これで交渉がスムーズに進むのは間違いない。スペインの移籍市場の締め切りは10月5日。注目の新天地は、はたしてどこになるのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月28日 10:22
    • ID:3gtOeZ9l0
    • スペインは、EU圏外なくせばいいのに。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年09月28日 12:19
    • ID:jFPq35sh0
    • 不良債権になってるじゃん
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ