Sponsored Link

酒井宏樹がCLデビューも…マルセイユは試合終盤に先制されオリンピアコスに敗北

1
チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が21日に行われ、酒井宏樹が所属するマルセイユはアウェイでオリンピアコスと対戦した。なお、酒井宏樹は先発出場を果たし、日本人選手として20人目のCLデビューを飾った。また、長友佑都はベンチスタートしたものの出番はなかった。

【スコア】
オリンピアコス 1-0 マルセイユ
【得点者】
1-0 90+1分 アハメド・ハッサン(オリンピアコス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/459e8e666eb3dddf6abe7c62e983a28138558745

酒井宏樹はチャンピオンズリーグデビューを果たしたが黒星スタートとなった


2
序盤から両チームは一進一退の攻防を繰り広げる。マルセイユは34分、フリーキックのチャンスを獲得するとディミトリ・パイェが直接ゴールを狙う。シュートはゴール左隅を捕えたもののオリンピアコスのGKジョゼ・サにキャッチされゴールとはならない。

対するオリンピアコスは39分、左サイドからヨルゴス・マスラスが鋭いクロスを供給。ゴール前のマチュー・ヴァルブエナのもとにボールは収まるがマルセイユDFのブロックでゴールラインを割らせない。

マルセイユはスコアレスで迎えた後半開始直後にダリオ・ベネデットがGKと1対1のチャンスを迎える。しかしここはGKジョゼ・サの好セーブに阻まれ決定機を逃す。

オリンピアコスは52分、GKが弾いたボールをマスラスが押し込んでゴールネットを揺らす。しかしVARのチェックでオフサイドと判定されスコアが取り消された。71分にもマルセイユゴールに迫ったオリンピアコスだが再びスティーヴ・マンダンダの好セーブを前に得点には至らない。

両チームとも得点の機会を窺いながら交代枠を駆使。すると90+1分、オリンピアコスが高い位置でボールを奪うと右サイドからヴァルブエナがクロスを上げる。最後はゴール前で待っていたアハメド・ハッサンのヘディングシュートがゴール右に吸い込まれて先制点となった。

試合はそのまま終了し、終盤に先制ゴールを挙げたオリンピアコスが勝利。アウェイのマルセイユはほぼ互角に戦ったものの、酒井宏樹のチャンピオンズリーグは黒星スタートとなった。

次節、マルセイユはホームにマンCを迎える。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月22日 11:11
    • ID:ZiMgTuLf0
    • 日本人が決勝Tに進めるか怪しいな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月22日 11:25
    • ID:oRJu7fO30
    • もう酒井はマルセイユ出て欲しい
      CL出場しても毎度弱いからつまらない
      トッテナムに移籍してほしい
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月22日 12:10
    • ID:jCpqVkCS0
    • アマヴィやらかしててくさ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月22日 21:07
    • ID:5Hq6E0l30
    • まぁ惜しかったね。次頑張れ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ