Sponsored Link

【神戸】ダンクレーの反論「むしろコミュニケーションは取れている」

1
ヴィッセル神戸のブラジル人DFダンクレーが27日、練習後にオンライン取材に応じた。リーグワースト2位と失点数についてコミュニケーションの問題を指摘されると、ダンクレーは「ピッチ内で難しいと感じたことは一度もない」と反論した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cb7d639be8d4ae742bcea662bffe926840afb4d

27日のオンライン取材に応じたDFダンクレー


2
前節の鹿島アントラーズ戦(●2-1)から1週間のインターバルが開いた神戸。鹿島戦を出場停止で欠場したダンクレーは「小さなミスを繰り返さないために、チーム全体で良い練習ができたと思っている」と話した。

神戸はここまでリーグワースト2位の失点数を記録しており、11月下旬に再開するACLに向けても守備再建が急務。三浦淳寛監督が「基礎が一番大事だと思っている」と言えば、ダンクレーもそれに同意する。

「基礎が一番大事なのは間違いない。僕たちは拙いミスと基本的なミスを繰り返し、勝ち点を逃している事実がある。基本に立ち返って見直さないといけない」

また、多国籍軍ゆえのコミュニケーションの問題を指摘されると「天皇杯を取ったとき、ゼロックスを取ったときにそういう質問はなかった。何故そういう質問をするのでしょうか?」と反論。「ピッチ内で難しいと感じたことは一度もない。むしろコミュニケーションは取れている」と結束を強調し、「いま自分たちに起こっているのは、チームが変わろうとしている時期に起こりうること。監督が代わり、どうしてもうまくいかないときもある。チームとして順応できれば簡単なミスもなくなってくるはず。何も気にしていない」と言いきった。

次節、神戸対仙台は28日今夜19時より試合開始予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月28日 09:00
    • ID:C26EjFZy0
    • 頭よさそうなコメント
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月28日 12:05
    • ID:.ezB3F9G0
    • ダンクレーいいね!
      守備に関しては中盤のプレッシングと後ろの不安定ぶり(大崎、西、菊池、渡辺)が理由だと思う
      広島戦見ても強度が全然違ったし
      ただ神戸はACLに向けた連戦も続いてて、正直かなり消耗してるから、層の薄いバックアップ陣含め厳しいのは当然だろうね
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月28日 20:47
    • ID:TnHxhtM50
    • 良い事ではあるね。でも結果が全てだから。プレスも甘いし、マークも温い。だから簡単に点が取られる。この乗りで5大リーグへ行くと途端に日本の攻撃手は点がとれなくなる。
      つまり日本人選手の得点力が海外で通用しないのは、JのGK含めDF陣がヘタだから。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ