Sponsored Link

PK失敗のイブラヒモヴィッチを指揮官ピオリが擁護「それでも彼はカンピオーネ」

1
ミラン指揮官ステファノ・ピオリが、スパルタ・プラハ戦終了後に試合を振り返った。

現地時間29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第2節でミランはスパルタ・プラハを3-0で撃破した。ブラヒム・ディアスが先制ゴールを決めてミランが先行すると、36分にもPKのチャンスを得たミランだったがズラタン・イブラヒモヴィッチのシュートはバーに阻まれ、追加点とはならず。39歳のベテランは前半45分のみで途中交代となった。

後半にミランは57分ラファエル・レオン、66分にディオゴ・ダロットがゴールを決め、3-0でEL2連勝を飾っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/96a63c9f7e8974fb632eedc1050aace8d3c0c665

PK失敗のイブラヒモヴィッチを指揮官が擁護


2
試合後、指揮官ピオリは「そういうときもある。それでもズラタンはカンピオーネだ」とPK失敗の教え子を擁護した。『Sky Sports Italia』がその言葉を伝えている。

「選手たちはうまくやっているし、私はスターティングイレブンを選ぶことがとても難しくなってきている。彼らはまとまりを見せていて、普段からモチベーションを高く保ってトレーニングを積んでいるから、指導者としても悩ましい状況だ」

PKを失敗したイブラヒモヴィッチについては「確かにあの場面は得点機を逸したかもしれないが、そういう時はあるものだ。それでも彼は紛れもないカンピオーネだからね。日曜には次の試合が控えているし、彼をここで起用するかどうか迷ったのだが……。今日はイブラにとって不運だったかもしれない」とフォローしている。

「我々はミランだ。常に野心的であるべきだと思っていて、それがこれからも相手を打ち負かすモチベーションになる。ただ、これから困難な時期が来るだろうということも予想できる。しっかり地に足をつけて前へと進んでいきたい」

次節は11月6日にリールと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月30日 19:45
    • ID:uTz7KZtX0
    • イブラやこの監督とか今の選手たちは素晴らしい予
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月30日 20:35
    • ID:unqzSXOT0
    • イブラがいなくなっても今の若い選手がバリバリやれならミラン完全復活しそう
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ