Sponsored Link

岡崎慎司、負傷完治が間に合わずレアル戦欠場へ スペイン紙言及「夢を実現できず」

1
スペイン1部ウエスカは、現地時間10月31日にリーガ第8節で名門レアル・マドリードと対戦する。敵地エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノでの一戦となるが、日本代表FW岡崎慎司は負傷からの回復が間に合わず、世界を代表するビッグクラブとの対戦が叶わない模様だ。スペイン紙「AS」が報じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1f5bc230f7cf9c5101400a545a4f53acdbe7e41

エルチェ戦での負傷から約1カ月が経過も、まだ復帰には至らず


2
昨季スペイン2部でウエスカ1位の12ゴールを挙げ、1部昇格に貢献した岡崎は今年10月、1年4カ月ぶりに日本代表に選出。ウエスカ公式インタビューで「久しぶりに代表でプレーできる喜びを、プレーで、結果で証明したいと思う」と意気込んでいた。

しかし、その後に行われた10月3日のリーガ・エスパニョーラ第5節エルチェ戦(0-0)で前半40分に左太もも裏を痛めて負傷交代。2~3週間の離脱とされ、日本代表のオランダ遠征は辞退した。

負傷から間もなく1カ月が経過するが、31日のレアル戦は出場が難しいようだ。スペイン紙「AS」は「オカザキ、レアル・マドリードとの対戦の夢を実現できず」との見出しで最新の状況をレポートしている。

「日本人FWは怪我から3週間経過しているが復帰に間に合わず、エキポ・ブランコと対戦するという夢を実現することができない。スペインへやってきた時、シンジ・オカザキにはラ・リーガでレアル・マドリードと戦うという夢があった。エルチェ戦で負った筋肉の負傷により、もう1週間ピッチを離れることになるため、この経験は少なくともシーズン後半まで待たなければならないことになる。日本人選手は試みたものの(クラブの)メディカルサービス部門はウエスカのスター選手がリスクを犯すことを望んでいない」
3
ウエスカとレアルの対戦は、2021年2月に再戦が組まれている。岡崎は故障を完治させ、長年の夢である“白い巨人”との一戦のピッチに立てるだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 07:40
    • ID:sdAahFI10
    • 歳とると回復が遅いのかな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 09:34
    • ID:xq6v585S0
    • 来年にはいないかもしれないのに
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 13:59
    • ID:d.ln4Mbp0
    • 軽度の肉離れでも1ヶ月様子見は共通認識だと思うぞ
      万が一再発したらそれこそ3ヶ月無駄になる
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 02:52
    • ID:JBeFvz6E0
    • 筋肉系はね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ