Sponsored Link

「アドレナリンが出た」 ベルギー1年目の鈴木武蔵、日本との“違い”を感じた瞬間を告白

1
今年8月にJリーグの北海道コンサドーレ札幌からベールスホット(ベルギー)に移籍した日本代表FW鈴木武蔵が、ベルギーメディア「Voetbalkrant」のインタビューに応じ、ベルギーでの生活や先日行われたアントワープダービーについて語っている。

8月20日のベルギー1部リーグ第4節スタンダール・リエージュ戦(0-3)で後半途中から出場して新天地デビューを果たした鈴木は、その後6試合に出場して4ゴールをマーク。同メディアでも「ベルギーで最も得点力のあるストライカーの1人」と紹介されるなど、ベルギー国内でもその活躍は注目を集めつつある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/09831b93506a0981da3c938de5158a45f007a7c8

今夏ベールスホットに移籍した鈴木武蔵、現地メディアでエピソードを明かす


2
ベールスホットに移籍してから約2カ月が経過し、英語のレッスンを受けてチームメートと積極的にコミュニケーションを図ることで良好な関係を築けているという鈴木だが、自身にとって初の海外生活だけにプライベートでは日本との違いに戸惑うことも多いようだ。

「日本では街の至るところにコンビニがあって、しかも24時間開いている。だから、ベルギーのスーパーがとても早い時間帯に閉まるのを見て、とてもショックを受けたし、急いで買い物に行かなくてはならなかったことも何回かあった。それから買い物自体もこっちでは簡単じゃない。商品が全部オランダ語で表示されているから、どういう商品なのかよく分からないものも何個かあるよ」

また、2ゴールを決めた25日の第10節アントワープ戦(2-3)での“ダービー”の雰囲気について尋ねられると、鈴木は試合前のサポーターの熱気が自身のモチベーションを大きく刺激したことを明かしている。

「チームバスで会場に到着した時の雰囲気は独特だった。日本でも時々たくさんの人たちが集まっていることがあるけど、アントワープダービーの時に僕らを待ってくれていたサポーターの熱気は、今まで経験したことのないものだった。あの光景を見たらアドレナリンが出てきて、『この試合に勝つために、できることをすべてやりきろう』と思った」
3
ベールスホットは、31日にベルギーリーグ第11節ルーベン戦を控えている。鈴木には前節アントワープ戦に続く2試合連続ゴールへの期待が高まっているが、好調を維持している今の鈴木であればゴールを決める可能性は十分にあるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 17:08
    • ID:.Y0Idr1t0
    • いつ大迫超える予定?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 17:22
    • ID:IP5nThBz0
    • アントワープはオランダ語圏なのか
      いいかげんベルギーは国内の共用語統一せーや
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 17:29
    • ID:Kr6OQakN0
    • >>2
      無責任な生き方しかしてなさそう
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 17:38
    • ID:3NWcwDx20
    • ここら辺へ行くなら、ベネルクス三国というEUの発想の元になった歴史を知らないとね。ベルギー、オランダ、ルクセンブルグは、元々同じ共同経済圏を昔から続けてきた国だから、言語が国境を越えている。
      武蔵は好調なスタートが切れたね。おめでとう。これからどれだけ維持できるかの挑戦。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 17:55
    • ID:j7K30XAe0
    • めっちゃ良い経験だね^ - ^
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 18:08
    • ID:JB5SbpVn0
    • 武蔵、伊東、森岡、三好とかなりインパクトを与えてるね
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 18:18
    • ID:jbcYAYeJ0
    • オフェンスの選手はJより点取りやすいだろうな
      チームでカバーする意識も低いし、デュエルを前提とした攻撃的なリーグだよ
      まあステップアップリーグはそういうスタイルのほうが攻守のポジションで個の能力も磨かれるんだろうけど
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 18:34
    • ID:4.GiOReP0
    • >>7
      外国人との攻防に慣れるという意味では日本人が最初に挑戦するにはやはり向いていると思うな。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 18:35
    • ID:IP5nThBz0
    • >>7
      連携主体で点取るタイプの選手は取れなくなる。ワンツーのリターンが返ってこないから
      一人で点取るタイプの選手は守備が組織的じゃないからJよりも取りやすくなる
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 18:49
    • ID:jOIHGUU90
    • 武蔵ええ顔してるなー
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年10月31日 19:37
    • ID:MDJ2797C0
    • >>9
      まあエールなんかもそうだけど、上位リーグのクラブは
      1対1で結果残す選手ピックアップするしな
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 00:03
    • ID:rWVFVEmv0
    • 海外向いてるな
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 13:00
    • ID:ejwp8ZMy0
    • >>11
      1対1でもやれる選手が連携してるのが上位リーグだからな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ