Sponsored Link

「何度も良い仕掛けをしていた」ELトッテナム戦で躍動した三好康児を、英辛口解説者が名指しで称賛

1
現地時間10月29日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ(J組)の第2節で、三好康児が所属するベルギー1部のアントワープは、トッテナムをホームに迎え、1-0で勝利した。

ジョゼ・モウリーニョ監督が率いる強豪との試合で、三好は右ウイングバックで先発。58分までプレーした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef3f62ec3b39932373a696982cbd4f4c217a1989

試合開始直後には自らドリブルで切り込み、惜しいシュートも放っていた三好


2
この試合について、英スポーツ衛星チャンネル『Sky Sports』でコメンテーターを務めるジム・ホワイト氏はトッテナムを厳しく批判した一方で、アントワープの奮闘を称えたという。英紙『The Telegraph』が伝えている。

「モウリーニョの先発の選択、ハーフタイムの交代策には失望した。そもそも先発を総入れ替えしたことでチームがぎこちなくなり、まるで生まれたてのヒヨコのようだったじゃないか。パスが迷走し、動きが制限された。敵陣に攻め入る前に破綻したら、それは点は入らないさ。ガレス・ベイルが多少踏ん張ったところで、本物のチャンスが生まれる気配とは程遠かった」

そして、対戦相手のアントワープについては「彼らがホームで14か月もの間、無敗を守っている理由を証明していた」と称え、三好については名指しで称賛した。

「スパーズがつまづいている間、彼らはきちんとした戦術を基にプレーしていた。よく走り、積極的にプレスでアタッカーを押し込んだ。得点の匂いもした。特に、左ウイングのシメン・ジュクロッドは2度、右ウイングのコウジ・ミヨシは何回もいい仕掛けをしていた。一度、ハリー・ウィンクスをかわして素晴らしいクロスも上げていたね。彼らに比べたら、スパーズはフィールド上を歩いていたようなものだ」

この勝利でグループJの単独首位に躍り出たアントワープ。次節はオーストリアのLASKと対戦する。ホームでの無敗記録を伸ばせるかにも注目だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 07:11
    • ID:qMxu0sAk0
    • 普段かわいいのに、トップ画の三好めちゃくちゃ老けてるw
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 07:24
    • ID:uUvMNH4W0
    • 西野朗みたいな顔してんな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 07:31
    • ID:JdSTjm280
    • プレデターのお兄さん決めてくれぇ~。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ