Sponsored Link

ゴールは幻も…鎌田が鋭い仕掛けから今季4アシスト目! 大迫との日本人対決はドロー決着

1
[10.31 ブンデスリーガ第6節 フランクフルト1-1ブレーメン]

ブンデスリーガは31日に第6節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでFW大迫勇也所属のブレーメンと対戦し、1-1で引き分けた。鎌田と長谷部は開幕から6試合連続の先発となり、鎌田はトップ下、長谷部はリベロの位置でプレー。鎌田はアシストを記録した。ベンチスタートとなった大迫は後半25分から途中出場し、日本人対決が実現した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/531c33a66da03187099536bdb2f4cea94de5b31c

試合は1-1の引き分けに


2
序盤から優位に試合を運んだフランクフルトは前半34分、MFシュテフェン・ツバーのパスでペナルティエリア内に抜け出したFWアンドレ・シウバが決定的なシュート。これは至近距離でGKが防いだが、こぼれ球に反応した鎌田が右足で蹴り込み、ネットを揺らした。スタジアムでは得点がアナウンスされたが、VARの介入でシウバの位置がオフサイドの判定となり、得点は取り消された。

0-0で前半を折り返すと、先手を取ったのはブレーメンだった。後半6分、スルーパスで抜け出したFWジョシュ・サージェントが先制ゴール。対するフランクフルトも後半20分、鋭いドリブルでPA内を仕掛けた鎌田が折り返し、走り込んだシウバが押し込んだ。

鎌田は今季4アシスト目。大迫は後半25分から途中出場し、鎌田と長谷部は揃ってフル出場した。互いに次の一点を奪えず、試合は1-1の引き分けに終わった。

次節、フランクフルトはシュツットガルトと、ブレーメンはケルンと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 11:07
    • ID:JdSTjm280
    • フランク勝ち切れないね。何か違う工夫が必要かも。次は遠藤と対決だね。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 11:35
    • ID:00T38vm.0
    • 鎌田のゴール取り消しは残念
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月01日 18:40
    • ID:eoxpDPGy0
    • 日本人対決て
      Jなら毎週見れるで
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ