Sponsored Link

ユナイテッドの次期指揮官は、やはりポチェティーノ!?「代理人と接触した」とマンチェスター地元紙が報じる

1
トッテナムを辞任した後、約1年間フリーだったアルゼンチン人指揮官の新天地が、決まりつつあるのだろうか。

現地時間11月5日、イングランドのマンチェスター地元紙『Manchester Evening News』は、「マンチェスター・Uはマウリシオ・ポチェティーノの代理人に監督就任を打診した」と速報で報じた。同クラブは、前日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ第3節でトルコのバジャクシェヒルに1-2で敗れ、今シーズン9敗目を喫した。

結果はもちろんのこと、国内外のメディアやユナイテッドOBも涙ながらに嘆くほど、試合内容が“悲惨”だったことが決め手となったようだ。同紙は「ユナイテッドのマネジメントは、オレ・グンナー・スールシャール現監督に代えて、ポチェティーノの就任を視野に入れて代理人と接触した」と伝えた。実はこれまでも水面下では接触を繰り返しており、「本格的な交渉にシフトしていくだろう」と見解を綴っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb2db8fae68c4dde13867425cde7c770e27952d7

「監督就任を見据えて代理人に打診した」


2
同紙によれば、ユナイテッドは2018年10月に辞任したジョゼ・モウリーニョの後任としてポチェティーノをリストアップしていたという。成立すればお互いに念願の契約となるわけだが…。

つい先日、英スポーツチャンネル『Sky Sports』のトーク番組に出演した48歳のアルゼンチン人指揮官は、「現場に戻る準備はできている」と語っていた。

「私にはエネルギーが満ち溢れているし、サッカーのチーム、試合に関わりたいと思っているよ」

現在リーグで16位と低迷しているユナイテッドは、もし土曜日に予定されているプレミアリーグ第8節エバートン戦に敗れた場合はさらに順位を下げて週末を終える可能性がある。
3
果たして、ポチェティーノの新たな“職場”は低迷するイングランド名門クラブとなるのだろうか。今後の動きに注目だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月06日 09:59
    • ID:poboYbCi0
    • ポチェッティーノ就任だけで何かが変わるとも思えない
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月06日 10:08
    • ID:lNbsDr9J0
    • 一年後には次の生贄を探してそう
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月06日 11:22
    • ID:AwSfiE9h0
    • ポチェッティーノ側が断りそうなレベルで崩壊してるからなぁ…
      バルサの監督の椅子がそろそろ空きそうだからそれ待ちしてんしゃないの?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ