Sponsored Link

オランダで減った「いらないファウル」 日本代表DF板倉の守備を現地解説者も称賛

1
日本代表DF板倉滉がセンターバックを務めるフローニンゲンは8日、エールディビジ第8節でフェイエノールト相手に前半を押し気味に戦ったが、後半に失点を重ね0-2で敗れてしまった。フェイエノールトのFWブライアン・リンセンを封じた板倉は、「特に前半良かっただけに悔しいね」と結果に残念そうだった。

板倉のフェアな守備、ビルドアップ能力はオランダでも高く評価されている。試合後は現地の人気解説者の1人、ハンス・クラーイ・ジュニア氏が板倉に歩み寄って褒め称え、「今度、英語でインタビューさせてよ」と頼み込むほどだった。

「昔は結構、いらないファウルが多かったんです」と、板倉はアンダー世代の日本代表時代のことを振り返る。

「ペナルティーエリアのすぐ外でファウルをすることが多く、チームがピンチになるということで、森保一監督と横内昭展コーチから『いらないファウルをするな』とよく言われていました。確かに昔と比べると、ファウルは少なくなりました。昨シーズンの開幕戦(対エメン戦)で、ちょっと遅れてスライディングに行ってPKを取られましたが、そういったシーンからも学びますね」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a456ba243473d79f25f0dbf3c41dc65621b320b5

フローニンゲンで着実に成長、1年以上にわたってカードもらわず


2
昨季は第9節までで4枚のイエローカードを受けた板倉だが、2019年10月4日のRKC 戦を最後に1年以上にわたってカードをもらっていない。

「こっちの選手のスピードや強さにも慣れてきたし、足の伸びも分かってきたなかで、どの間合いで行くとか、ここはちょっとやめておかないと一発でやられるとか、そういうところの見極めが必要ですね」

10月に行われた日本代表のオランダ遠征(対カメルーン、対コートジボワール)では出場機会のなかった板倉は、11月のオーストリア遠征(対パナマ、対メキシコ)に向けて「試合に出るのは目標。だけど、それを決めるのは監督なので、出た時にいつもどおりのパフォーマンスをしっかり出したい。そのことが、その先のスタメン定着につながっていくと思います。足もとのところは自信を持ってやりたいですし、デュエルでも負けないところを出していく。ポジションを奪いにいくつもりで練習からガツガツ行きます」と意欲を示した。

また川崎フロンターレ出身の板倉は、MF中村憲剛のことを非常にリスペクトしていることで知られている。その中村の引退記者会見から1週間が経った。

「寂しいです。憲剛さんに連絡しました。僕にとって小学校からのヒーローだった。僕がフロンターレに入ったのは小4の時ですが、その前からフロンターレサポーターとして憲剛さんを応援していました」

10月31日の川崎対FC東京でプレーする中村を見て、板倉は「やっぱり上手いなあ。上手すぎでしょ!」と感じていた。

「それからの記者会見(11月1日)。なんの記者会見か分からなかったけれど、フロンターレがああやって記者会見を開くということは、憲剛さんが40歳になったことも知ってたし、『あれ? もしかして憲剛さん、引退!?』と思っちゃって、ともかく目覚ましを朝7時にセットして、YouTubeの会見を見たんですよ。

僕がフロンターレを応援し始めた頃はJ2で、等々力はスカスカ。その頃から憲剛さんを見ていて、フロンターレは毎年J1で優勝を争うようなチームになったし、等々力は毎試合満員になった。それを作り上げたのは、僕は憲剛さんだと思ってます。それで、40歳の誕生日にゴールでしょ。最後までかっこよすぎる」

「憲剛さんのようなバンディエラになろう」と心に誓っていた板倉だったが、「早い段階で移籍して、もう3チーム目になってしまいました」とつぶやき、そして続けた。

「今でも憲剛さんがヒーローであることは変わりません。だから、すごい寂しいですよ。『また困った時には連絡しますから、相談させてください』と連絡しました。たぶん、これからもサッカーに関わってくれると思うし、フロンターレをさらに良くしてくれると思うので、それも楽しみといえば楽しみですね。だけど寂しいという気持ちが一番強いです。どこかでもう一回、憲剛さんとできるんじゃないかなあと思っちゃうんです。すごい寂しいですね。だから最後は、みんなにいい形で送り出してもらえることを願っています」

今回、中村から「最後にまた、フロンターレに戻ってこいよ」と言われたという。

「そう言ってもらえたのはすごく嬉しいです。もしかしたら、そこでまた憲剛さんと一緒に仕事ができるかもしれませんし」

そう言い終わると、板倉はフローニンゲンの選手バスへ急いでいった。
3
日本代表は13日にパナマ代表、17日にメキシコ代表と対戦する。なお、いずれの試合もオーストリアのグラーツ市のStadion Graz Liebenauで開催される。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 09:13
    • ID:f8MLzkaz0
    • 夏にはステップアップや
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 10:14
    • ID:L.cLFFjo0
    • 今の板倉は課題はあるが、吉田がプレミアに行った頃のレベルにはある。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 10:25
    • ID:QIChkzWJ0
    • 移籍当初は欧州監督によくある無視&干され状態だったが、腐らずよくレギュラー獲ったな。
      試合に出続けて市場評価を上げていけよ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 10:47
    • ID:7HSiUpE00
    • 好感の持てる選手。それを引き出すいい記事
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 11:00
    • ID:qcFv.caY0
    • 吉田、冨安、酒井、植田、板倉のローテーションで
      3バックor4バックでOK
      これで長友も休んで大丈夫。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 11:03
    • ID:7Jym7bA70
    • 遠藤に話題攫われてるけど板倉も相当なデュエリストに進化してるから期待してる
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 11:07
    • ID:Dua9c3Xi0
    • センターバックで一年間カード貰ってないって逆に不安やな
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 11:11
    • ID:kvDuLFzc0
    • 中山もいい感じ。
      あとは国内だけど、立田と町田が成長してくれれば...
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 11:28
    • ID:dMjcu84w0
    • 次戦は板倉冨安か板倉吉田冨安の組み合わせが見たい
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 12:05
    • ID:a6J.2uFI0
    • 来夏はブンデス辺りにloanで行けそう。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 12:29
    • ID:d0cChJZZ0
    • 代表でも出場機会を得るに値する選手だと思う
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 14:44
    • ID:qoJ.Gl2m0
    • フェアな守備ってサッカーだと結構危険ではあるよね
      頑張れ板倉
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 15:05
    • ID:Z8InMgLU0
    • 板倉はコパと見比べても明らかに改善してるもんな
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 18:54
    • ID:JE.k.Dqu0
    • バス乗る前のインタビューでこんなこと聞くのか
      時間とって落ち着いてインタビューしてくれよ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月10日 19:33
    • ID:pccUU9OO0
    • >>8
      立田は SBでのプレー観ても戦術理解に劣るかな…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ