Sponsored Link

アタランタ、リヴァプールに2発完封勝利…南野拓実は85分から出場

1
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が25日に行われ、リヴァプールはアタランタをホームに迎えた。なお、南野拓実はベンチスタートとなっている。

【スコア】
リヴァプール 0-2 アタランタ
【得点者】
0-1 60分 ヨシップ・イリチッチ(アタランタ)
0-2 64分 ロビン・ゴセンス(アタランタ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/562f982738e00035b6d43a411697036a0ca327a9

アタランタがリヴァプールに完封勝利


2
欧州屈指の攻撃陣を誇るリヴァプールとアタランタの一戦で試合序盤は激しい攻防を見せる。アタランタは9分、ロビン・ゴセンスが左サイドでボールを受けると、そのままニアに強烈なシュートを放つ。しかしこれはリヴァプールの守護神アリソンが右手一本で好セーブを見せ得点とはならなかった。一方のリヴァプールはなかなかシュートまでつなぐことができない。

しかしその後はアタランタがシュート4本、リヴァプールはシュート1本と膠着した状態が続き、スコアレスのまま前半を折り返した。

アタランタは48分、アレハンドロ・ゴメスがエリア外から打ったミドルシュートはゴール左下に飛ぶがこれはアリソンがキャッチしてゴールを割ることができない。それでも60分、左サイドからゴメスのクロスにヨシップ・イリチッチがつま先で押し込んで先制。アタランタがついに均衡を破った。

リヴァプールは失点後4人を一斉に交代。ロベルト・フィルミーノやディオゴ・ジョッタ、ファビーニョ、ロバートソンを投入した。しかし次の得点が生まれたのはアタランタ。64分にゴメスがゴール前にクロスを放り込むとハンス・ハテブールがヘディングで折り返す。最後はゴセンスが丁寧に左足で合わせて2点目を挙げた。

リヴァプールは85分、ジョエル・マティプに変えて南野拓実を投入する。リヴァプールは攻撃の枚数を増やしたものの、結局反撃は及ばず試合はそのまま終了し、リヴァプールの攻撃陣を完全に抑えたアタランタがアウェイで勝利を収めた。なお、依然としてグループDではリヴァプールが首位に立っており、アタランタとアヤックスが勝ち点7で追走する形となっている。

次戦、リヴァプールはブライトンと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月26日 16:14
    • ID:x9jrXOGz0
    • 南野頼むから移籍してくれ
      好きな選手だから先発で活躍してるのが観たい
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月26日 16:52
    • ID:BptbUtnA0
    • 枠内シュート0で完封負けはダサい
      南野よりオリギや10代使うクロップの元では未来はない
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月26日 17:00
    • ID:9uHPFaCG0
    • 10代やオリギより序列下って
      よっぽど練習で酷いのかな?
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月26日 17:39
    • ID:g.z.XiKv0
    • 今の状況から無理やりにでも結果出さないと、クラブ内で次のステップに進めないだけだと思う。
      トップクラブに移籍するって冗談抜きにそういうことでしょ。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月27日 01:18
    • ID:uVY2SMx20
    • ガスペリーニやるね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ