Sponsored Link

ELでドローのミラン、指揮官代行はイブラ不在を気にせず 「チームの精神は変わらない」

1
ミランのダニエレ・ボネーラ監督代行がヨーロッパリーグ(EL)でドローゲームを振り返り、内容には満足していると語った。イタリア『スカイ』が伝えている。

ミランは26日に行われたELグループH第4節で、前回対戦で0-3の完敗を喫したリールと再戦。勝てば首位浮上となるミランだったが、大黒柱であるFWズラタン・イブラヒモビッチを負傷で欠く苦しいチーム状態での一戦となった。

試合ではイブラヒモビッチに代わってトップの位置に入ったFWアンテ・レビッチのパスからFWサムエル・カスティジェホが落ち着いて決めて先制点をマーク。しかし、65分に同点とされ、1-1のドローに終わった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e077e6127f91deed393293053aff7eac6a0a7d19

ミランが敵地でリールとドロー


2
新型コロナウイルス感染で静養中のステファノ・ピオリ監督に代わって指揮を執るボネーラ監督代行は試合後、「我々は非常に良いパフォーマンスを見せられた」と話しており、チームを称えている。

「チームはゲームをコントロールしていたし、だからこそ失点に気を取られてしまったのは残念だった。でも、(0-3で敗れた)ホームでの試合とは全く違うミランを見せられたよ。全員が一丸となって試合に取り組んでいたし、そのチームスピリットに満足している」

また、ボネーラ監督代行はイブラヒモビッチ不在にも触れており、若いチームが同選手の不在を上手くカバーしてくれたと満足感を示している。

「我々は、若い選手たちが活躍してくれたことに満足している。もう少し健全な狂気は求めたいけどね。それと、この若いチームにシモン・ケアーのような経験豊富な選手がいてくれるのも大きいよ。彼は大きな力を発揮してくれている」

「当然、イブラヒモビッチは非常に重要な選手だ。しかし、チーム全体で彼の不在を補うことは出来るし、チーム精神は変わらないよ」

この試合の結果、ミランはグループ2位となり、残り2試合で決勝トーナメント進出を目指す形に。ボネーラ監督代行も「次の試合は勝たなければならないし、今晩のようなプレーをしたい」と、次戦に意気込みを見せている。

次戦、ミランは29日にリーグ戦でフィオレンティーナと対戦予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ