Sponsored Link

鎌田大地が2アシスト!…フランクフルトはウニオンと壮絶な打ち合いでドロー

1
ブンデスリーガ第9節が28日に行われ、ウニオン・ベルリンとフランクフルトが対戦した。ウニオンに所属するMF遠藤渓太は、負傷明けのコンディション不足でメンバー外。フランクフルトのMF鎌田大地は開幕から9試合連続でスタメンに名を連ね、同クラブのMF長谷部誠は2試合連続となるベンチスタートとなった。

【スコア】
ウニオン・ベルリン 3-3 フランクフルト
【得点者】
1-0 2分 ロベルト・アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)
2-0 6分 マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
2-1 27分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
2-2 37分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
2-3 79分 バス・ドスト(フランクフルト)
3-3 82分 マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a51adc61b96218c1d7da9d3972d8664775b1a83

鎌田大地が2アシストもフランクフルトはドロー


2
ホームのウニオンは開始早々の2分、相手GKケヴィン・トラップのキャッチミスをロベルト・アンドリッヒが押し込み先制。6分にはマックス・クルーゼがPKを成功させ、早々にリードを2点に広げる。

対するフランクフルトは27分、中盤でボールを回収した鎌田がファイナルサードまで運び、右足でゴール前にグラウンダーで折り返す。これをアンドレ・シウヴァが難しい体勢ながらも押し込んで1点を返す。さらに37分、フィリップ・コスティッチのフリーキックにA・シウヴァが頭で合わせてネットを揺らし、フランクフルトが試合を振り出しに戻した。

同点で試合が推移するなか、フランクフルトは79分、鎌田の2アシスト目で逆転に成功する。鎌田はA・シウヴァの頭を使ったパスから相手と入れ替わり、エリア内まで運んで折り返し、最後はバス・ドストが押し込んだ。しかし82分、ウニオンはクルーゼがエリアの外から左足アウトサイドキックでゴール右上隅に突き刺し、試合は再び振り出しに戻る。

試合は引き分けのまま終わり、ウニオンは4試合ぶりのドローで8戦負けなし、フランクフルトは4試合連続のドローで6戦未勝利となった。

次節、ウニオンは12月4日にヘルタ・ベルリンとアウェイで、フランクフルトは同5日にドルトムントとホームで対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 10:25
    • ID:mSJPQQ1T0
    • 鎌田は絶妙にDFの届かないパス通すの上手いな
      相手の届くレンジが見えてんだろうな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 12:30
    • ID:7wUA4eSB0
    • ラストパスには惚れ惚れする
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 19:00
    • ID:aNyry02N0
    • 芸術2Aと1基点(フリーキック獲得)か、失点の基点になっても最高点評価もうなずける。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ