Sponsored Link

バイエルン、遠藤航フル出場のシュトゥットガルトに逆転勝利…レヴァンドフスキが今季12点目

1
ブンデスリーガ第9節が28日に行われ、MF遠藤航が所属するシュトゥットガルトは、ホームに首位バイエルンを迎えた。26日にクラブとの契約を2024年6月30日まで延長した遠藤は、開幕から9試合連続となるフル出場を果たした。

【スコア】
シュトゥットガルト 1-3 バイエルン
【得点者】
1-0 20分 タンギ・クリバリ(シュトゥットガルト)
1-1 38分 キングスレイ・コマン(バイエルン)
1-2 45+1分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1-3 87分 ドウグラス・コスタ(バイエルン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/14628439f2139d5f08bf38373b96739ebefa0b4e

バイエルンが逆転勝利で首位キープ


2
4分、キングスレイ・コマンの折り返しにロベルト・レヴァンドフスキが頭で合わせたが、ヘディングシュートは左のポストに直撃する。

すると20分、シュトゥットガルトがカウンターで先制に成功する。スルーパスから抜け出したサイラス・ワマンギトゥカがグラウンダーのアーリークロスで折り返し、中央でタンギ・クリバリが押し込んだ。

しかし、バイエルンは38分に試合を振り出しに戻す。ジェローム・ボアテングの縦パスをセルジュ・ニャブリがダイレクトで落としてカウンターを展開。トーマス・ミュラーを中継してボールを受けたコマンは、カットインから右足を振り抜いてゴール左下隅に突き刺した。さらに前半終了間際、レヴァンドフスキがエリアの外から右足を一閃。強烈なシュートは相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれ、バイエルンがリードで折り返した。

バイエルンは87分、ドウグラス・コスタがカットインから左足でゴール右下隅に突き刺し、リードを2点に広げる。試合はこのまま終了。敗れたシュトゥットガルトは開幕節以来となる黒星を喫し、勝利したバイエルンはリーグ戦2試合ぶりの白星で今季7勝目となった。決勝点を挙げたレヴァンドフスキは、今季リーグ戦での得点数を「12」に伸ばした。

次節、シュトゥットガルトは12月6日にFW大迫勇也が所属するブレーメンとアウェイで、バイエルンは同5日にライプツィヒとホームで対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 13:33
    • ID:f5wN6zdB0
    • バイエルン相手でも普通にやれるのかよ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 13:59
    • ID:kODS7X8q0
    • ミスリンタートはバイエルンを目の敵にしてそうだな
      ドルトムント
      アーセナル
      シュツットガルト

      バイエルンに勝てるかどうかがテーマになる
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 13:59
    • ID:6OHkG2sn0
    • レヴァのシュートが理不尽すぎてね・・・
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 14:40
    • ID:7wUA4eSB0
    • 通用してたな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 17:25
    • ID:UTFPQnnX0
    • シュート入れなきゃ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ