Sponsored Link

ウエスカ、強豪セビージャに0-1敗戦で今季未勝利続く…岡崎慎司は2試合連続で途中出場

1
28日のラ・リーガ第11節、ウエスカは本拠地アルコラスでのセビージャ戦を0-1で落とした。FW岡崎慎司は負傷明けから2試合連続で途中出場となった。

ラ・リーガ1部に復帰した今季、いまだ勝利なく降格圏に沈むウエスカ。しかしその成績は0勝8分3敗とどこよりも引き分けが多く、敗戦数は4勝2分3敗のセビージャと同じだ。16失点と多くのゴールを許しているのも気になるが、何よりワーストタイとなる8得点という決定力不足を解消して初勝利を手にしたいところである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b636f8d27bfdf2933c16be93019311fc40022fe1

ウエスカ敗れ11戦白星なし


2
試合は予想通りセビージャがボールを保持して攻め込み、ウエスカが堅守から速攻を狙う展開。ウエスカはセビージャの攻撃をうまく封じ、明確な決定機を許さないまま試合を折り返す。後半、ウエスカは60分にスルーパスに抜け出したサンドロがGKヴァツリークもかわして、あとはボールを枠に押し込むだという絶好機を迎えた。が、不運にもボールが軸足に当たってしまい、先制することはかなわず。ミチェル監督は72分にそのサンドロを下げて、岡崎をピッチに立たせた。

4-4-2の2トップの一角を務めた岡崎はいつものように懸命にゴール前に走り込む動きを繰り返すが、スコアを動かしたのは地力で勝るセビージャだった。83分、ペナルティーエリア中央のオカンポスがドリブルで右に回り込んで横パスを出し、エン=ネシリがネットを揺らしている。

ビハインドを負ったウエスカは攻勢を強めたいところだったが、守備に重点を置いて速攻から追加点を狙うセビージャを相手に苦戦。その中で岡崎は91分、ペナルティーエリア内でグラウンダーのクロスからシュートチャンスを迎えたが、アレイチュ・ビダルの守備を前にラ・リーガ1部初得点はならなかった。結局ウエスカはゴールを奪えぬまま、試合終了を迎えている。
3
公式ハイライトはこちら→https://youtu.be/1alGbZVT0Bk

ウエスカは勝ち点を7から伸ばせず、降格圏の19位に位置。3連勝のセビージャは勝ち点16で5位につけている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 18:58
    • ID:wpTI13lr0
    • 結局2部の選手
      乾の偉大さがわかる
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2020年11月29日 19:55
    • ID:aNyry02N0
    • 怪我明けで先発もまだなんだから何もわからない。
      負けが少ないのは守備が良いって事でもあるし、これから得点が増えていけば十分残留目指せるだろ。そうなったら立派に通用してるって事だ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ