Sponsored Link

「ライバルたちを追い抜いた」 室屋成、ドイツで評価“急上昇”…クラブ幹部や監督が絶賛「素晴らしい成長」

1
今季開幕前にFC東京からブンデスリーガ2部のハノーファーに移籍した日本代表DF室屋成に対するチーム内外からの評価が、ここへきて急上昇している。ドイツメディア「SPORTBUZZER」が報じている。

2016年にFC東京に入団し、在籍5シーズン目の昨年夏にハノーファーでの海外挑戦を決断した室屋は、今季はここまで3節ブラウンシュバイク戦を除くリーグ戦13試合に出場。13試合のうち7試合で右サイドバックとして先発出場している。ドイツメディア「SPORTBUZZER」が、室屋に様子について綴った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d89aec82f4aaa4dec25b4a8b0cf60fc1be18a375

室屋成をハノーファー関係者が称賛…ドイツメディアが報道 「大きく成長した」


2
「ムロヤはポジション争いのライバルたちを追い抜いた。控え要員の立場からスタメンに名を連ねるようになり、前節サンドハウゼン戦ではスプリントの速度で時速32.6kmを記録。これはチーム内で3番目の数値だった。彼のようにクロスの精度が高くてスピードのあるサイドバックは、ブンデスリーガでもプレミアリーグでも獲得を熱望される存在だろう」

3試合連続先発フル出場を果たしたサンドハウゼン戦での室屋のパフォーマンスとその潜在価値の高さを称賛。また、最近の室屋の活躍と成長は、チーム関係者も認めているようだ。

ハノーファーのマルティン・キント会長は現地メディアの取材で室屋について問われると、「我々は、彼に関することでさらに多くの嬉しい出来事を経験することになるだろう。彼はまだ若く、素晴らしい成長を遂げているからね」と発言。さらに、「敢えて名前を挙げるならば、フルト、ムロヤ、そしてフランケの3人は大きく成長した。彼らは次のレベルへの第一歩を踏み出した」(ケナン・コジャク監督)、「彼は、チームにとって大きな付加価値を与えてくれる存在だ」(ゲルハルト・ツーバーSD)といった室屋に対する高評価のコメントがチーム関係者から相次いで出ている。

「SPORTBUZZER」によると、室屋獲得の際にハノーファーがFC東京に支払った移籍金は、たったの5万ユーロ(約600万円)だったという。しかし、今の室屋はその金額の何十倍もの価値があるパフォーマンスを披露していて、シーズン後半での巻き返しによってブンデスリーガ昇格を狙っているハノーファーにとっても、欠くことのできない存在となっている。
3
現在9位と出遅れているが、直近3試合で2勝1分けと調子が再び上向きつつあるハノーファーが今後順位を上げていけば、室屋に対する現地メディアの注目度もさらに高まっていくはずだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:25
    • ID:E9gkYzat0
    • 幼馴染の南野に追いつけ追い越せ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:29
    • ID:hqGTHp4V0
    • 600万ってなんだ
      契約がほぼ残ってなかったのかな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:31
    • ID:bvE9GUBW0
    • フリー移籍は別にして、500万円って聞いたことがない低さの移籍金だな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:37
    • ID:v2UO9qkG0
    • 無料屋とか言われてたけどタダより酷いやろ600万円て
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:40
    • ID:WnyNbn7t0
    • 橋本、武蔵、室屋等即戦力として移籍した選手は海外初挑戦ながら頑張ってるね
      スタメンではないとはいえ代表選手だからそれなりにやってくれないと困るけども
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:40
    • ID:A2eY2wQm0
    • ガタイ良くなった?
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:41
    • ID:mtCbRLUQ0
    • 俺は年収900万だけど、それより低いのかよw
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:42
    • ID:UZbGKsb80
    • 単年契約の半年残りだから、移籍金があっただけでもマシという感じなんかな?いずれにせよ、代表クラスが600万円で引き抜かれるという構造はヤバい。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:43
    • ID:Wp17Rb2R0
    • 一部昇格目指せ
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 22:46
    • ID:PbP0.ghD0
    • Jリーグはそろそろ単年契約でなく複数年契約が主流になるようにすべきだわ
      で残り1年で延長の意思なければ他クラブ放出するような方向性にして
      欧州行きたい(行く能力あれば)選手は欧州のチーム探して交渉すればただ同然みたいなことならんやろ
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 23:02
    • ID:yEGJMWOf0
    • もっとJリーグ全体のレベルを上げて選手達が「Jよりレベルの低いリーグ、チームには行かない」っていう状態を作らないとダメだわ。
      5大リーグ1部や周辺国のCL、EL常連クラブなら億単位の移籍金を出せるだけの余裕がある。
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 23:04
    • ID:ttyGxpj50
    • >>11
      そしたら欧州での血脈は途絶えちゃうよ
      わざわざレベル変わらないのに行ってるのってスカウトに見てもらうためだから、まだまだJリーグで信用されてないのよ
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 23:08
    • ID:f.k7RwTI0
    • "SBフルト(30)、SBムロヤ(26)、そしてCBフランケ(27)の3人は大きく成長した。彼らは次のレベルへの第一歩を踏み出した"
      "シーズン後半での巻き返しによってブンデスリーガ昇格を狙っているハノーファー(現在10位)"
      ハノーファーのコメントをどう解釈するのが正解が分からないな。最少失点14で守備は既に良い訳だから、得点19の攻撃が改善されなければ勝ち点は伸びないし昇格は望めないだろ。
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月09日 23:24
    • ID:x8SElB6l0
    • 最初の頃は対人負け、スピード負け、テクニックに翻弄されてベンチ温めてたからなあ
      まだ物足りなさは残るけど成長が嬉しいね
      問題は右SBばっかり増えてることだ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月10日 00:16
    • ID:CKcZJ4780
    • 欧州行きは一度途絶えていいよ。コロナ禍でスポーツへの支援が乏しくなる以上、足元のJリーグを固めないと日本サッカー自体が途絶えかねん。
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月10日 01:50
    • ID:tHs6nOsA0
    • >>15
      杞憂だよ。日本のクラブはもう少し選手を高く売るべきだがね。
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月10日 11:34
    • ID:St4cfpia0
    • 室屋は大学中途でFC東京に入団して、移籍したのが多分その時の契約の切れ目のタイミング。恐らく入団時の契約を維持して年俸数百万で残り半年~1年ぐらいのタイミングだったと思われ。
      海外志向が強いから契約更新は拒否したんやろね。
      こういうパターンの場合、移籍金を取れない反面、代表級の選手を低年俸で複数年使えてるのでクラブも実はそこまで損はしてない。室屋と同レベルのSBをJで雇おうと思ったら年俸は最低でも7・8千万からでしょう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ