Sponsored Link

シャルケ、4発快勝でついに今季初白星! 約1年続いたリーグ30戦未勝利に終止符

1
ブンデスリーガ第15節が9日に行われ、シャルケとホッフェンハイムが対戦した。

【スコア】
シャルケ 4-0 ホッフェンハイム
【得点者】
1-0 42分 マシュー・ホッペ(シャルケ)
2-0 57分 マシュー・ホッペ(シャルケ)
3-0 63分 マシュー・ホッペ(シャルケ)
4-0 80分 アミーヌ・アリ(シャルケ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/492d21c4788e1a1869c4079e7213b6765d741c07

シャルケ、ブンデスで約1年ぶりの勝利


2
シャルケは42分、自陣からのロングカウンターをマシュー・ホッペが仕上げて先制に成功。リードで折り返した57分には、アミーヌ・アリのスルーパスに抜け出したホッペが相手GKをかわして2点目を獲得する。

すると63分、アリのスルーパスに再び反応したホッペが、ループシュートを沈めてリードを広げる。19歳のアメリカ人FWホッペは、昨年11月にデビューを果たしたばかりの新星。今季リーグ戦5試合目の出場にして、早くもキャリア初のハットトリックを達成した。また、アメリカ人選手のブンデスリーガでのハットトリックは史上初の快挙となる。

シャルケは80分、バスティアン・オツィプカのグラウンダークロスをアリが合わせてダメ押しの4点目を獲得する。試合はこのまま終了し、シャルケが4得点快勝を収めた。

試合前まで最下位に沈んでいたシャルケにとっては、待望の今季初白星。今節敗れたマインツをかわして17位に浮上した。また、リーグ戦での勝利は、昨年1月17日に行われた2019-20ブンデスリーガ第18節のボルシアMG戦以来となる。同25日の昨季第19節バイエルン戦から数えて、30試合続いていたリーグ戦での未勝利に終止符を打った。一方、敗れたホッフェンハイムは2連敗となり、リーグ戦ここ5試合で4敗目となった。

次節、シャルケは17日にMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトとアウェイで、ホッフェンハイムは16日にMF堂安律が所属するビーレフェルトとホームで対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月10日 18:11
    • ID:Z4Qe1WIV0
    • こういう試合で大勝するのがシャルケらしくてわろた
      あとこの一勝で最下位脱出してんのもわろたわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月10日 18:55
    • ID:AQtFnnEa0
    • 逆によくまだ一部いたなこれww
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月10日 18:59
    • ID:mFFKKAzP0
    • しかしまぁ嬉しいだろうねぇ。ハットトリックで大勝という処がまた特別だね。次、フランクがどう料理するかだ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ