Sponsored Link

遠藤航先発のシュトゥットガルト、4試合ぶり白星! アウクスブルクに4発快勝

1
ブンデスリーガ第15節が10日に行われ、MF遠藤航が所属する11位シュトゥットガルトは、アウェイで10位アウクスブルクと対戦した。遠藤は開幕から15試合連続で先発出場を果たし、90分までプレー。今季初の途中交代となった。

【スコア】
アウクスブルク 1-4 シュトゥットガルト
【得点者】
0-1 10分 ニコラス・ゴンサレス(シュトゥットガルト)
0-2 29分 サイラス・ワマンギトゥカ(シュトゥットガルト)
1-2 46分 マルコ・リヒター(アウクスブルク)
1-3 61分 ゴンサロ・カストロ(シュトゥットガルト)
1-4 87分 ダニエル・ディヴァディ(シュトゥットガルト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b4c54798293f9bc6407cf85d119e3e264227b66

シュツットガルトがアウグスブルクに4発快勝


2
シュトゥットガルトは10分、獲得したPKをニコラス・ゴンサレスが成功させて先制。29分には自陣からのロングフィードに抜け出したボルナ・ソサがグラウンダーで折り返し、サイラス・ワマンギトゥカが押し込んでリードを広げる。

2点のビハインドで折り返したアウクスブルクは、後半開始早々に1点を返す。中盤でボールを奪って速攻を仕掛けると、ルベン・バルガスがグラウンダーで折り返し、マルコ・リヒターが押し込んだ。

それでも、シュトゥットガルトは61分に再び点差を2点に広げる。右サイドから中に切り込んだN・ゴンサレスが柔らかいボールをゴール前に供給すると、ダイレクトで合わせたゴンサロ・カストロは飛び出してきた相手GKの股を抜いてネットを揺らした。

アウクスブルクは76分、ゴールを記録したリヒターがこの試合2枚目のイエローカードをもらって退場処分となり、残り時間を数的不利で戦うことになる。すると87分、シュトゥットガルトがダメ押しの4点目を獲得。こぼれ球を拾った遠藤が右に広げて、ヴァルデマール・アントンがゴール前に浮き球を供給。飛び込んだダニエル・ディヴァディが押し込んだ。

試合はこのまま終了し、シュトゥットガルトは4試合ぶりの白星で今季5勝目、アウクスブルクは2試合ぶりの黒星で今季6敗目となった。この結果、両者の順位は入れ替わった。

次節、シュトゥットガルトは16日にボルシアMGとホームで、アウクスブルクは同日にFW大迫勇也が所属するブレーメンとアウェイで対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月11日 12:13
    • ID:HjDAlK0j0
    • 遠藤にしちゃ普通なプレーだったな、って思うのは感覚が麻痺してるのか
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月11日 17:59
    • ID:vaFHAAFL0
    • 試合見てないけど圧勝の試合は守備陣は目立たないのでは
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月11日 22:27
    • ID:ULPbTvRd0
    • 何時もの如く良く守れていたと思うね。いいアシストパス出せていたけれど結果には繋がらなかったね。でも昇格組にしてはシュツット強いよ。ちょっとファールは多かったけれど、上手く抑えたね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ