Sponsored Link

ボローニャが9戦ぶり勝利!CBでフル出場の冨安健洋はチーム最多インターセプト&クリア記録

1
セリエAは16日に第18節が行われ、ボローニャはヴェローナと対戦した。

直近8試合で勝利なし(5分け3敗)と苦しみ、13位に沈むボローニャ。浮上のきっかけを掴みたい一戦で、リーグ最少失点(16)のヴェローナをホームに迎えた。今季全試合に先発し、チーム事情によって様々な役割をこなす冨安健洋は、左センターバックでスタートした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a8fee29191b54e9d52acb2a2557bb9f16bf7b7e3

9試合ぶり勝利


2
ボローニャは開始30秒でバロウが枠内シュートを放つなど、幸先の良いスタートを切る。16分には、冨安のインターセプトから最後はオルソリーニがボレーを放った。すると17分、DFラインの裏を取ったオルソリーニのシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾ったソリアーノが倒されてPKを獲得。これをオルソリーニが冷静に沈め、先制点を奪った。

後半序盤は押し込まれる展開が続いたボローニャ。63分にはクリアが不十分になったところを拾われ、カリニッチに決定機を許したが、守護神スコルプスキのファインセーブで凌ぐ。逆に71分には、高い位置でのボールカットからバロウが決定機を迎えたもののGKに阻まれる。直後のオルソリーニのシュートもGKシルヴェストリの好守で防がれた。

終盤はヴェローナの猛攻を許し、冨安もポジションを離れての守備を強いられる。それでも安定した守備を披露。試合はこのまま終了。ボローニャは今季3度目のクリーンシートを達成し、1-0で9試合ぶりの勝利を掴んだ。

センターバックでフル出場した冨安は、チーム最多のクリア(3)、インターセプト(4)、空中戦(12)を記録(『Opta』データより)。しっかりと勝利に貢献している。

次節、ボローニャは敵地でユヴェントスと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月17日 09:08
    • ID:mq3nUpcL0
    • 中々落ち着いたいいDFだったね。今回はcbとして出来が良かったね。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月17日 09:46
    • ID:RAcSWqVA0
    • チーム最多クリアて評価点なのか?
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月17日 10:37
    • ID:GtPWS.d90
    • 冨安ってセリエ来てから一度もレギュラー争い経験してないよね
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月17日 11:43
    • ID:TWHp.FuV0
    • カリニッチにほとんど仕事させてないのは立派。スタッツ以上の働きだったと思う。
      スコウテンが最終ラインと連携するようになってるのは驚き!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ