Sponsored Link

C・ロナウドが決勝弾!…ユヴェントス、PK失敗のナポリ破りスーペルコッパ制覇

1
スーペルコッパ・イタリアーナ(イタリア・スーパーカップ)が20日に行われ、ユヴェントスとナポリが対戦した。

セリエA王者のユヴェントスとコッパ・イタリア覇者のナポリが激突。現役時代にミランやイタリア代表でともにプレーしたアンドレア・ピルロ監督(ユヴェントス)とジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(ナポリ)による初の盟友対決が実現した。

【スコア】
ユヴェントス 2-0 ナポリ
【得点者】
1-0 64分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
2-0 90+5分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6d728e35c762644d7c032d1cb4b765283fadb2d

ピルロ監督が初のタイトルを獲得


2
試合はナポリが先に決定的なチャンスを迎える。28分、ディエゴ・デンメがペナルティエリア左へ侵入してクロスを上げると、中央のイルビング・ロサノがダイビングヘッド。だが、これはユヴェントスの守護神ヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブに阻まれた。

スコアレスで折り返した試合は、後半に入って64分に動いた。ユヴェントスは左CKで相手選手に当たったこぼれ球をゴール前のクリスティアーノ・ロナウドが押し込んで先制点を奪った。

1点を追うナポリは77分、ドリース・メルテンスがエリア内で倒されると、一時は流されたが、VAR検証を経てPKの判定。このPKでキッカーのロレンツォ・インシーニェはゴール左を狙ったが、枠を外して痛恨の失敗に終わった。さらに後半アディショナルタイム4分にはゴール前のロサノが折り返しに合わせたが、これもGKシュチェスニーの好セーブに阻まれた。

すると、ユヴェントスは後半アディショナルタイム5分、カウンターでウェストン・マケニーがエリア内へ持ち上がって横パス。エリア右に走り込んでいたアルバロ・モラタが無人のゴールに流し込んで試合を決める追加点を挙げた。

直後に試合終了のホイッスルが鳴り、ユヴェントスが2シーズンぶり9回目のスーペルコッパ・イタリアーナ制覇。今シーズンからユヴェントスで指揮をとるピルロ監督が初のタイトルを獲得した。

次戦、ユヴェントスはリーグ戦でボローニャと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月21日 19:33
    • ID:J.fMlHGu0
    • ユーベおめでとう!
      ピルロタイトル1目タイトルおめでと!
      選手も(^^)
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月21日 21:12
    • ID:faNbyWyA0
    • ピルロの笑顔いいわー
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ