Sponsored Link

メッシはどこへ…パリSG移籍に向けた準備? 家族とフランス語を勉強中と仏メディア報道

1
バルセロナFWリオネル・メッシがフランス語を学んでいるようだ。フランス『カナル・プラス』の報道を引用して、英紙『ミラー』が伝えている。

メッシとバルセロナの契約は今夏で切れるが、契約延長の話には進展がない。そこで、マンチェスター・シティらとともに、メッシ獲得に強い関心を示しているとされるのがパリSGだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/19598877/

家族とともにフランス語を勉強中だというメッシ


2
スペイン『エル・ムンド』によると、バルセロナの負債額は10億ポンド(約1424億円)を超えており、6月末までに2億4000万ポンド(約342億円)を返済する必要があるという。デトロイト社の調査によると、バルセロナは他のサッカークラブよりも多くの収入を得ているようだが、選手たちには12月分の給与が支払われていないことが報じられた。

そのため、バルセロナはメッシを引き止めるだけでなく、新たな契約を結ぶことに苦労しているようだ。

去就が不透明なメッシだが、フランス『カナル・プラス』の報道によると、メッシは家族とともにフランス語を勉強中だという。さらに今月3日には同胞のマウリシオ・ポチェッティーノ氏がパリSGの監督に就任したことで、移籍の噂はさらに強まっている。
3
パリSGのレオナルドSDはメッシの状況を「注意深く見守っている」と話しているが、果たして、どのような決断が下されるのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月27日 19:45
    • ID:krQC71Qz0
    • これまでの不可解なトレードにも説明がつく
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年01月27日 22:48
    • ID:QV40qqNp0
    • メッシ放出しないと破産しそうなのかもしれないけど売り上げもガタ落ちだよね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ