Sponsored Link

「もっとも好きなのはヨシダ」サンプドリアOBが吉田麻也を絶賛! 「人目を引くわけではない」のに評価するワケは?

1
21節を消化したセリエAで、リーグ10位タイとなる失点数(32)は、酷評には値しないだろうが、満足できる数字でもない。1試合平均で1.5失点ということは、勝つために2点が必要ということになる。

吉田麻也が所属するサンプドリアは、今シーズンの21試合でクリーンシートが2試合(4節ラツィオ戦と19節パルマ戦)しかない。クラウディオ・ラニエリ監督も、不注意からの失点の多さを嘆いてもいる。

そんなサンプドリア守備陣の中で、もっとも信頼できるのは吉田という意見を述べたのが、かつてサンプドリアでDFとしてプレーしたジョバンニ・グエッリーニだ。189センチという体躯とフィジカルの強さから「マジンガー」の愛称で親しまれた人物だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/12aecdfb31854446de60a16fa1d6c823160953e6

ユベントス戦ではC・ロナウドやモラタといった名手と見応え十分のバトルを繰り広げた吉田。“守備の国”で声価を高める日本代表DFへの賛辞が止まらない


2
「見直すべき守備。だが、『マジンガー』はヨシダを救う」という見出しで地元紙『Il Secolo XIX』が報じた記事の中で、グエッリーニは「今のCB陣で私がもっとも好きなのはヨシダだ」と話した。

「あまり見えず、人目を引くわけではないのだが、常にいてくれるからね。わたしは、試合後にメディアで話題にならないときは、DFがよくやっているという考えを変えていない。それは、やるべきことをやったという意味なんだ」

現在のサッカーでは、守備が本職のDFでも攻撃面での貢献を求められる。グエッリーニは「私はあの時代でよかったよ。当時は私のように高くてデカい選手はいなかったが、今はみんなそうだし、もっと大きい」と続けている。

「(オマール・)コリーやヨシダは私と同じ高さだが、当時、求められていたのとは大きく異なることを求められる。我々のような昔のDFは、1対1のマークだけだった。組み立てなんて話題にならなかった。それはせいぜい、あってリベロだった」

だが、その昔とは異なる役割をこなさなければならない現在のCBというポジションを、守備の国イタリアでこなしていくことは、間違いなく吉田の経験値につながっている。
3
サンプドリアは、現地時間14日に開催されるセリエA第22節でフィオレンティーナとホームで対戦する。リーグワースト2位の21得点と得点力不足が深刻なチェーザレ・プランデッリ監督のチームを相手に、吉田を中心としたサンプドリア守備陣はクリーンシートをマークできるだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 00:35
    • ID:Rk1FK7zY0
    • 人目を引かないマヤが好きだ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 01:02
    • ID:bSlmqL9Y0
    • これは…なかなか嬉しい
      もしかして代表って今が最高の守備陣営なんかな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 01:07
    • ID:MEOG.2Sy0
    • 守備の国で焦点を当てられるのスゲーな
      冨安も絶賛されてるし
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 01:22
    • ID:lnhKwPwy0
    • イタリアに来てからは致命的なやらかしってまだ無いよな?
      吉田は日本人史上最高のCBだと思うけど、それでも正直なところ守備の国イタリアでCBをやれるかは未知数だった。偉いと思う。
      日本も時間帯によってはスリーバック出来るようになると良いのでイタリアで実地で学んでぜひ知見を還元して欲しい。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 02:56
    • ID:KYbiNsuq0
    • イタリアってマジンガーZ人気だったんだっけ?
      中東ではグレンダイザーがコーランの次に知られているとまで言われたそうだが
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 05:35
    • ID:0dc6.Ub50
    • マヤが大好きだ!
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 06:44
    • ID:DCy96ws00
    • 確かに今じゃキーパーからビルドアップするし、当然足元の技術が求められる
      そして攻撃の選手は守備面でのハードワーク求められる
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 09:42
    • ID:ZqlEfGnt0
    • 3バックの肝やポイントはDFではない。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 16:51
    • ID:ihieaFhL0
    • かつての選手がこういう風に「今の選手は大変だよね」って話をしてくれるパターンはほんと少ない
      現代サッカーと昔のサッカーじゃ前線の選手だって運動量やスプリントもめちゃくちゃ多くなってるし守備も必要だけど、昔の選手ってそういう事実を無視して「自分の方が優れていてた」って偉そうに言う連中がほとんどだもんな
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 23:10
    • ID:B6YyAZWR0
    • それって、あなたの感想ですよね?(笑)
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 23:59
    • ID:fmrl.gT10
    • 徐々に攻撃的フィードやカウンターのロングパスやセットプレーからの得点も求められているのは確か。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ