Sponsored Link

FAカップで格下に辛勝もベスト8へ 結果を重要視のトゥヘル「カップ戦ではこういう試合もある」

1
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がFAカップ勝ち上がりに安堵している。クラブ公式サイトが伝えた。

11日に行われたFAカップ5回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリーと対戦したチェルシーはリーグ3連勝中の勢いを生かしたいところだったが、この日は多くのメンバーを入れ替えたこともあり苦戦。FWタミー・エイブラハムが先制点を記録した後はバーンズリーの猛攻を浴びるも凌ぎ切り、辛くも1-0のスコアで勝利した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/31caea736b238d41b77adcd74b58c27d67e262ff

チェルシー、アブラハムの決勝弾で2部バーンズリーに勝利


2
この結果、チェルシーは準々決勝進出が決まり、トゥヘル監督も就任してから公式戦5試合負けなし。ドイツ人指揮官は試合後、勝利に安堵しつつ、より良いパフォーマンスが披露できるはずだと語った。

「正直に言ってホッとしている。もっと良いプレーができるのは明らかであり、今日は最高のパフォーマンスではなかったと思う。今日の困難に対処するのは我々にとって難しいことだった」

「自陣でのプレッシャーから逃れるため、何らかの対処が必要だった。ハーフタイムにいくつかの変更を加え、後半はチームを助けられる体制で臨んだんだ。結果として、より良いプレーになったと思う」

「我々は素晴らしい先制点を決めるまで、とても良いプレーをしていた。しかし、その後、相手は多くのリスクを冒し、非常にアグレッシブなプレーをしてきたんだ。対応するのに苦労したし、特にセカンドボールを拾うのに苦戦した」

「我々は2度も幸運があった。前半はケパ(・アリサバラガ)が助けてくれたし、タミー(・エイブラハム)がライン上でクリアしてくれたのもラッキーだったね。最終的に苦戦したことは認めざるを得ないが、カップ戦ではこんな感じになる試合もある」

「あまり厳しいことは言いたくない。状況は簡単ではなかったし、今日は勝利したことが一番重要なんだ」

また、トゥヘル監督はこの試合で大活躍のエイブラハムに言及。ストライカーとしての仕事をこなしただけでなく、セットプレー時にライン上で相手チームのシュートを防いだ同選手を称えた。

「明らかにタミーは違いを生んだ。とはいえ、得点シーンはビリー・ギルモアのパスを忘れてはいけないし、リース・ジェームズの走りも除外してはいけない。彼は最後にそこにいて、非常に素晴らしいゴールを挙げた。とても良い組み合わせだったと思う」

「彼はカップ戦で決定的なゴールを決めている。ストライカーにとって得点は最も重要であり、とても良いことだ。そしてもちろん、ライン上でのクリアは非常に重要なプレーだった」

3月20日に行われる準々決勝でチェルシーはシェフィールドUと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月12日 18:04
    • ID:wuCf1xca0
    • 戦術が良くても結局は選手、特にFWの得点力がモノを言うから
      この人も勝っている時は聖人に見えるけど、負けだしたら自分は悪くない風なコメントを言い出しそう
      フロントと揉めるのも何となく理解出来る
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月13日 01:42
    • ID:MpS94K8j0
    • ※1
      白人社会じゃむしろ俺は悪くないと言わなきゃダメだろ
      多少荒あっても主張する方が黙るより評価される価値観なんだから
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月13日 04:17
    • ID:SbE5T.Xn0
    • 結構、良い試合ができているね。チャンピオンシップリーグのクラブにとってアピールする場だからね。中々熱い内容。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月13日 06:39
    • ID:iBjoyhWg0
    • トゥヘル 来たのに全然新戦力ドイツ人復活しねえな
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ