Sponsored Link

「スーパースター」香川真司の謙虚な姿勢を現地メディアが称賛!対戦相手も憧憬の念、5試合すべてでユニホーム交換

1
先月末にPAOKに加入し、ここまでリーグ戦と国内カップ戦の計5試合でプレーした香川真司。いずれも後半途中からの出場だったが、クオリティーの高いプレーと経験を活かしたリーダーシップにより、現地では高評価を受けている。

ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッドというトップクラブでプレーし、日本代表として2度のワールドカップに出場してゴールも決めた実績は、2004年に代表チームが欧州大陸の頂点に立ったこともあるギリシャにおいても、一目置かれているようだ。

同国において、香川はトップリーグを渡り歩いた「日本のスーパースター」であり、彼への憧れや尊敬が背番号22の「ユニホーム」に関する事象に表われていると、PAOKの専門メディア『inpaok.com』は伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe15471211a48e92b8463fe5d5b68d5b54078a6a

コンディションが注目される香川。チームの特別プロジェクトの下でペースは上がってきているという


2
「香川とユニホームへの畏敬」と題された記事において、まず香川のユニホームの売り上げは今なお好調であり、ピッチ上の戦力として中盤を向上させるだけでなく、マーケティングの面での向上にも彼は大きな貢献を果たしているという。

香川に憧れるのはファンだけではない。同じピッチで戦う選手にとっても、華やかなキャリアを重ねた日本人選手は憧憬と尊敬の対象であり、これまでの5試合すべてで相手選手が試合後、香川にユニホーム交換をねだったと同メディアは指摘。続けて、「まだ90分間フルでプレーしたことがなく、PAOKのキープレーヤーにはなっていない中での、こういった状況は特筆すべきことだ」と綴った。

そして、このような「スーパースター」でありながら、チームプレーヤーとして模範的に振る舞う香川の姿勢を評価したのが、PAOKの本拠地テッサロニキのスポーツ紙『METRO SPORT』だ。

同メディアは「眩いばかりの輝きを放つ日本人選手は、PAOKのユニホームに敬意を表するとともに、非常に謙虚な姿勢で、そのクオリティーとインテリジェンスをチームと共有している」と称賛。また、「彼は自分だけが目立つことを望まず、その実績ゆえに得られるはずの特権も一切要求しない」とし、「彼は監督の指示に忠実に従ってピッチに立ち、周囲との協力の姿勢を常に心に留めている」と綴った。

同メディアは、香川が非常に大きな存在であると主張し、チームが彼をいかに扱うのかが重要な問題であると指摘。そして、彼のような“ビッグ”な選手が加わったことに、今なお少なからず戸惑いを感じている選手がいることも明かすが、もちろんチームにとっては競争において優位性と有効性をもたらす存在だと認めている。

そんな香川については、そのコンディションの状態が注目され、いつスタメン・デビューできるかが興味の焦点ともなっている。同時期加入のSBアブドゥル・ラーマン・ババに先を越されたものの、チームの特別プロジェクトの下でペースは上がってきているという。

序盤は低迷したものの、ここにきてチーム状況は改善され、先日のスーパーリーグ第23節のラミア戦では相手に隙を与えない見事なサッカーで4-0の勝利を挙げたPAOK。中盤の面々はいずれも好パフォーマンスを披露しており、香川といえどもポジション奪取は容易でないと、現地メディア『Gazetta』も指摘している。
3
上り調子のチームで、コンディションを上げた香川が躍動し、チームの順位を上げていく。そのようなストーリーを、我々はこの先、目撃することができるだろうか。なおPAOKは次戦、2月28日にアステラス・トリポリスとスーパーリーグ第24節を戦う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年02月26日 11:35
    • ID:fPmf13yE0
    • 背番号22って・・・
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ