Sponsored Link

「素晴らしいプレーをしていたが…」 吉田麻也、失点場面の判断に伊メディア疑問符

1
イタリア・セリエAのサンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也は、現地時間2月28日のリーグ第24節アタランタ戦でフル出場したが、チームは0-2で敗れた。イタリアメディアでは、先制点の場面での選択に疑問が呈された。

前節に強豪ラツィオに0-1で敗れ連敗は避けたいサンプドリアだったが、この日の相手は昨季と今季の2シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を果たしている強豪だった。

その相手に対して前半40分、吉田が縦パスを受けたFWルイス・ムリエルのマークについたところ、クロスオーバーして中央に入ってきたウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーに突破を許して先制を許してしまった。そして、サンプドリアは後半にも失点して0-2で敗れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c93131b9dd39a9c59727e7b5ad92a1e28a6a152c

サンプドリアはアタランタに0-2敗戦、先制点を許した場面での対応に厳しい指摘


2
イタリアメディアの採点では、この先制点の場面がピックアップされた。サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」では、吉田を「6点」としたうえで、「ゴールの場面でムリエルを追いかけ、スペースを空けてマリノフスキーの侵入を許した。残念だ。なぜなら(DFアレックス・)フェラーリと前半は素晴らしいプレーをしていたのに」と、この失点に絡んだこと以外は前向きな評価だった。

また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」では「5.5」と採点されたうえで、吉田は「アタランタのボールホルダーを制限する決断をして、ムリエルからのカットを諦めなったが、そのポジションが悪くマリノフスキーの先制点を招いてしまった」と、ここでも先制点を許した際のポジショニングが指摘された。

サンプドリアはこれで2連敗を喫し、次節はミッドウィークとなる現地時間3日にジェノアとの“ジェノバ・ダービー”を迎える。

ダービーマッチに敗れて3連敗となればチームにとってのダメージは非常に大きくなるだけに、悪いムードを変える勝利を引き寄せたいところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月01日 11:24
    • ID:giHtsRHM0
    • んーボールホルダーに厳しく行くのは間違っちゃないと思うけど、これ吉田のせいにされるんか。まぁ確かに真ん中がぽっかり空いちゃってるのはCBの責任か。
      守備の国は手厳しいなぁ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月01日 11:52
    • ID:2ox0RYq10
    • 試合見ててまあ吉田がスペース開けたのは印象悪いとは思った
      ただ厳密には内側にいた味方選手がマリノフスキーをマークすべきだし、あの辺はどこまでついてくのか監督の指示が出てる可能性もある
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月01日 20:19
    • ID:zXGRUokg0
    • まぁ守備の国だからねぇ。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ